TEL0120-39-1326

営業時間 8:00~18:00

この冬は暖冬!?凍結対策はどうする!?

投稿日:2018年12月03日

みなさんこんにちは!

 

今年の10月頃にエルニーニョ現象が発生したとみられており、

この冬は暖冬の可能性が高いと言われています。

 

確かに11月に入ってから朝晩冷え込むとはいえ日中は

動いていると少し汗をかくような気温です。

 

 

車の霜も7時半過ぎには溶けているので出勤に差し支えなしです。

去年は11月半ばには霜でさて困ったやれ参った、というのをブログにも

ぐちぐちと書いたような、、、。

 

雪も霜もあると大変だけどないとそれはそれで季節感がなく寂しいものです。

 

 

さて、そんな暖冬が予想される今冬ですが、油断は大敵!

みなさん水廻りのヒーターなど凍結対策は大丈夫でしょうか?

 

 

暖冬とはいえ、何が起こるかわからないのが自然界。

凍結すると生活に支障が出るだけでなく、場合によっては

修理が必要となってくるので(破裂とか破損とかもろもろ)

ただでさえ光熱費が嵩む冬に余計な出費となるので予防が大事です!

 

もしも凍ったら・・・

軽い凍結の場合→蛇口にタオルを巻き付け、上からお湯をゆっくりかける。

破裂した時やどうしたらいいか分からない時→すぐにご相談ください^^

 

※以下は危ないのでやめましょう!

・直接お湯をかける ・直火を当てる

・熱湯をかける

 

 

早め早めの準備を心がけてください!

 

 


 

群馬県沼田市を中心に和モダン住宅 注文住宅 リノベーション 数寄屋建築 土蔵

二世帯住宅 建替えリフォームを自然素材の珪藻土 漆喰塗り壁 セルロースファイバー

無垢材(杉・檜)で建築する工務店 建設会社です。

 

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-39-1326

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

お名前 (必須)
郵便番号 (必須) (例:378-0045)
住所 (必須)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望の連絡方法

見学会参加希望
資料請求希望
無料相談希望
ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


 

 

群馬インテリアコーディネータ協会主催のセミナーに行ってきました!

投稿日:2018年11月28日

みなさんこんにちは!

 

本日は群馬インテリアコーディネーター協会(GICC)主催のセミナー

「馬場家具 工場見学会」に行ってきました!

 

 

高崎市上並榎にあるショールームを見学した後、浜川の方にある工場へ。

 

ショールームではソファをメインに見せて頂きました。

 

 

馬場家具さんのほとんどが本革。布と合皮もちょこっとありました。

 

お高めな方のソファは、生地の手触りが全然違っていて

触った時に冷たさがなく、加工の仕方で差はありますがなめらかな手触り。

革のソファは硬くて座りにくいという偏見を持っていたので衝撃でした。

 

 

おススメは馬場家具オリジナルのクッションです!!

安くないですが優れもの^^ナイスフィット!

 

 

もちろん、比較的買い求めやすい価格の商品もそろっています。

機能性や質感、座りやすさは実際に行って見て座って確かめてください。

 

続いて工場へ。

 

 

工場は約40人規模で動いているそうです。

 

 

 

 

海外工場で鞣した牛丸々一頭分の革が一枚ずつ吊るされています。

こうやってしわやクセをとっておくそうです。

 

 

革の裁断や縫製、組み立てなどそのほとんどが手作業でした!

 

  

 

↑↑こちらは枠組み制作部門。

 

構造にこだわりがある馬場家具さんのソファは、メンテナンスしやすいように

クッション部分が小分けになっていて、部分ごとに修繕などできるそうです。

デザインだけでなく「つくり」にこだわる精神は鞍城建設にも通じるところがあるなと

思いました。

 

また今度ゆっくりショールーム見学でもしてみよう。

以上、GICCセミナーレポでした!

 

 


 

群馬県沼田市を中心に和モダン住宅 注文住宅 リノベーション 数寄屋建築 土蔵

二世帯住宅 建替えリフォームを自然素材の珪藻土 漆喰塗り壁 セルロースファイバー

無垢材(杉・檜)で建築する工務店 建設会社です。

 

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-39-1326

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

お名前 (必須)
郵便番号 (必須) (例:378-0045)
住所 (必須)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望の連絡方法

見学会参加希望
資料請求希望
無料相談希望
ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


 

 

窓から始める断活!

投稿日:2018年11月20日

みなさんこんにちは!

 

11月も半分終わり、今年も残すところ一月半となりました!

昼間は暖かいようでも沼田の朝晩はやはりそこそこ冷えます。

とうとう車に霜を発見してしましました。

 

深夜の道路凍結などにも気を付けないとです^^

 

今回は何やかんやで冷えこむ利根沼田に暮らす私たちにおすすめの

断熱性の高い窓サッシについてご紹介します!

 

押さえておきたいのがズバリ

〇樹脂×アルミサッシ

〇樹脂サッシ

〇木製サッシ

▼複層ガラス

▼三層ガラス

 

窓サッシの断熱性能はガラス部分とサッシ部分の

組み合わせで変わってきます。双方の性能が高い方がより効果的でしょう。

 

LIXILの窓サッシをモデルに使ってご紹介です。

 

 

 

LIXILの中でも性能が高いサーモスとエルスター

 

ZEHなど外皮計算が必要なものは窓サッシの性能値も影響します。

左と真ん中のSAMOSⅹは樹脂×アルミのサッシ。

右のERSTERsは樹脂サッシです。

 

製品の細かい性能は本家でご確認いただくとして、、、

 

 

見本にはない木製サッシが一番断熱性の面では優れているといわれています!

しかし、価格とメンテナンス性、防火性の面で日本ではあまり使われてりません。

 

その次に[樹脂]→[樹脂×アルミ]→[アルミ]と断熱性は下がっていきます。

アルミは熱を通しやすいので非常に断熱性が悪く、結露します。

触ってみると室内でもアルミ部分だけ冷たいです。

 

 

次に、ガラスが2枚の複層と3枚の三層バージョンがありますがもちろん

3層の方が断熱性は高いです。このガラスとガラスの間(=中空層)には空気が入っています。

一般的には乾燥空気ですが、断熱性を上げるため「アルゴンガス」が入っているのもあります。

 

 

壁の断熱を十分にしても、窓ガラスの性能が悪いとそこからあっという間に熱が

外に逃げてしまいます。結露要因は少しでも排除したいものです。

 

 

予算もありますが、少し頑張ってでも家本体の断熱性能はしっかり確保がおすすめです。

まずは窓サッシから断熱活動?をしてみてはいかがでしょうか!?

 

内窓の取り付けや窓サッシを交換する窓改修もできるので気になった方はご相談ください^^

 

————————————————————————————————————

群馬県沼田市を中心に和モダン住宅 注文住宅 リノベーション 数寄屋建築 土蔵

二世帯住宅 建替えリフォームを自然素材の珪藻土 漆喰塗り壁 セルロースファイバー

無垢材(杉・檜)で建築する工務店 建設会社です。

 

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-39-1326

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

お名前 (必須)
郵便番号 (必須) (例:378-0045)
住所 (必須)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望の連絡方法

見学会参加希望
資料請求希望
無料相談希望
ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


東欧文化の時代が来ている!?

投稿日:2018年11月05日

みなさんこんにちは!

 

ここ何年か北欧雑貨と北欧家具が人気を博し

浸透してきました。雑誌の特集でもよく見かけます。

自然をモチーフにした柄や、緻密できれいな曲線は

日本的な建物にも感覚的にマッチするようです。

 

 

しかし、私は言いたい。これからは東欧文化の時代だと!!

(個人の見解です)

 

ちなみに

東欧=ロシア・ウクライナ・ポーランド・チェコ・スロバキア・ハンガリーなどなど

 

 

 

東欧は中世ヨーロッパの建物など多く残っており、街並みも美しく

また、自然も美しいそうです。写真で見ると本当にきれい。

住宅はもちろん、大聖堂や城、要塞なども見応えありそうなものばかり。

 

その中でもスタッフはショパンで有名なポーランドにハマっています。

 

伝統的な衣裳や雑貨は日本人の「かわいい」心をくすぐること間違いなし。

ポーランド陶器はすでに日本でも広まっていますね^^

 

 

ポーランド愛が高じて、、、先日ポーランドフェスティバルという

催しがあったので参加してきました。

雑貨やポーランドの伝統的なお菓子、サックス、ピアノライブを堪能

 

 

 

 

東欧は物資が乏しい時代などを通して、あるものを大切に使う文化が

浸透しているようです。(インターネット調べ)

 

そのためかレトロでかわいいものが多い、、、!?

 

かわいい好きの方は是非とも東欧文化をお試しください!

 

 

 


 

群馬県沼田市を中心に和モダン住宅 注文住宅 リノベーション 数寄屋建築 土蔵

二世帯住宅 建替えリフォームを自然素材の珪藻土 漆喰塗り壁 セルロースファイバー

無垢材(杉・檜)で建築する工務店 建設会社です。

 

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-39-1326

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

お名前 (必須)
郵便番号 (必須) (例:378-0045)
住所 (必須)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望の連絡方法

見学会参加希望
資料請求希望
無料相談希望
ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月の住まいのお手入れ

投稿日:2018年10月31日

みなさんこんにちは!

 

10月も早いもので今日で終わりますね。

前半はいまいちな天候が多かったですが、このところは

気持ちのいい晴日が続いて掃除や片づけがはかどりました。

 

住まいのお手入れカレンダーによると

(住宅金融普及協会発行の住まいの管理手帳より)

 

11月は

・暖房器具の準備

 

・隙間風を防ぐ工夫

 

・専門家が必要な補修の手配

 

があげられています。

 

沼田では「10月に入ったら暖房器具の準備」ですね!

 

 

お住まいの地域の気候に応じた対処が必要です^^

 

12月に凍害、雪害への備えが促されていますが、

沼田をはじめ冬の訪れが早い地域は11月中に準備した方がよいでしょう。

12月から2月は特に水道関係の相談が多くなります!

ヒーターがついているかなど、早めに確認しましょう。

 

 

車も11月にはタイヤを履き替えて、、、

古アパートの結露対策もして、、、、

霜が降り始める予感がするのでそれも気を付けて、

ベランダのものを片づけたり、

植物も寒さに弱いものはまとめて

 

 

などなど、できるところからちゃちゃっと

雪が降る前に、住ませてしまうのがお勧めです!

 

 

 

お散歩道の秋の草花