TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【防災】備えはできていますか?【記念日】

投稿日:2022年05月24日

防災グッズの定期確認

 

先日、我が家の片づけをしていたら賞味期限切れの非常食が出てきました。

 

メインステイのエマージェンシーフードです。

 

 

A4サイズで厚みは15㎜くらいだったと思うんですけど、重量感がありました。密度をみつみつにしてエナジーを詰め込んでるだろうかって感じでした。

9つの四角いビスケットが入っているのですが、1つあたり400kcalらしいです。

 

賞味期限や使用期限が切れる前に、確認して非常食や水、簡易トイレや救急箱などの防災グッズの定期確認が必要です。

 

 

非常食の試食

 

賞味期限が切れても真空パックの乾物ならいけるだろうという方針の我が家。

せっかくなので、未知の非常食で朝食に。

 

中身はこんな感じです。↓

 

 

カロリーメイトぽい感じでサクッとおいしく食べられるかな~なんておもいますでしょ??

 

 

スタッフはそう思って口を付けたわけですが、、、、

 

 

油、、、??がちがちの油粉!?!?!?

 

ってかんじであまりのおいしくなさにびっくりしました。今年一おいしくない食べ物です。相当飢餓状態じゃないと食べる気持ちになれないタイプの非常食でした。

 

油の味しかしませんでした。

賞味期限切れてなくても多分おいしくないと思います。

 

ただ、ビタミンなどは栄養も色々含まれているので、本当に非常食としては優秀なのかもしれません。いざ食べるものが無くなった時にはこういったパワー系の非常食がかなり役に立つことでしょう。

 

防災を考える

防災といえば9月の防災の日がありますが、それ以外にも防災関連の記念日って結構あるんです。6月でいうと

6月1日~30日 ・・・土砂災害防止月間
6月1日~7日 ・・・がけ崩れ防災週間  
6月の第2週の1週間 ・・・危険物安全週間

 

と、このように、細かく防災週間が定められています。

ちなみに8月30日~9月5日は建築物防災週間です。

 

年1回といわず、防災について考えましょう。

 

地域と防災

 

家を建てるときにはその地域のハザードマップを必ず確認しましょう。

自然の驚異を前に何があっても「絶対に安心」と断言できる場所はないと思いますが、災害が起きにくい場所、災害が起きやすい場所というのは確認することができます。

 

また、地域の避難場所を確認しておきましょう。近年は自治体のHPなどで確認が簡単にできることが多いです。

沼田市防災マップデジタル版がHPから確認できます。市内の状況や防災関連のお役立ち情報も満載なので、活用してみてください。

 

ご自宅付近の避難場所や避難経路は確認されていますか?

お子さんや年配の方が一人でも避難場所に行けるように確認していますか?

 

「何か」が起こる前に、もう一度、いろいろ確認しておきましょう。

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


    【5/14・15】ZEH住宅構造見学会【予約制】

    投稿日:2022年05月09日

    ZEH住宅予約制構造見学会

     

    予約制構造見学会を開催いたします。

    見ていただくのは令和3年度地域型住宅グリーン化事業のゼロ・エネルギー(=ZEH)住宅に採用された家です。エネルギーを太陽光発電システムでつくり、省エネ設備で使うエネルギーを最小限に抑え、住宅から出るエネルギーをできる限りゼロに近づけます。最近、ちまたで話題の『断熱』について、どのような素材のものを使っているか、その施工法の説明や、断熱以外の素晴らしい性能などについて解説いたします。

    工事の途中でしか確認できない家の構造を来て見て体感してください。

     

    日にち

    令和4年5月14日(土)・15日(日)

     

     

    時間

    午前9時~午後4時 予約制

     

     

    場所

    群馬県沼田市 東原新町 地内

    詳しい場所はご予約の際にお知らせいたします。

     

    予約

    電話かメールで「構造見学会の予約がしたいんだけど・・・」

    と言ってください。

     

     

    おねがい

    • 感染症の予防、拡散防止対策へのご協力をお願いしております。マスクの着用、入場前には手指消毒および検温を必ず実施してください。
    • 工事の途中となっています。木材のささくれなどに引っかかってしまう恐れがあります。こちらでご用意するスリッパ、使い捨て手袋を必ずご着用ください。

     

    問合せ

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      【ZEH】2021年度普及実績報告【目標】

      投稿日:2022年04月28日

      ZEHビルダーとは

      ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略であり、「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のことです。経済産業省は、2016年(平成28年)4月「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。

       

      2021年度の実績と今後の目標

       

       

      PDF版↓

      ZEH目標公表資料-実績値追加

       

       

      ZEH構造見学会

      令和4年5月14日(土)、15日(日)にZEH住宅呼吸する「木の家」構造見学会を開催します。構造は完成したら見えなくなってしまう家の要。家づくりを検討されている方はお見逃しなく!

       

      【お問い合わせ】

      フリーダイヤル 0120-70-2711

      または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

       

        お名前 (必須)
        郵便番号 (必須) (例:378-0045)
        住所 (必須)
        お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
        E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
        鞍城建設をどこで

        知りましたか?
        ご希望の連絡方法

        見学会参加希望
        資料請求希望
        無料相談希望
        ご質問・ご要望等

        確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


        【パース】平面図で家のイメージがわかない【家づくり】

        投稿日:2022年02月18日

        くらしのイメージ湧きますか?

         

        家づくりの時間取りを考えますが、まずは平面図からプランしますよね。玄関はこうして~こっちから入り~水廻りは固めて、LDKの関係性はこうで、、、とやりますよね。

         

        それをもとに立面図を作って外観が何となくわかってくるのですが、実際平面図と立面図だけって分からなくないですか??????????

         

        平面図からそこでクラスイメージ全然湧かないんですよね。

         

        鞍城建設で家づくりに携わるようになってから図面でみるのと実際完成された家に行くのとではまるで、空間感覚がちがうのに驚きました。(個人差はあると思うのですが)

         

        錯覚こわっ

        図面でみると広い気がするけど、実際その場に立つと「あ、こんなもんなの?」となることしばしば。

         

        決してその家が狭いわけではなく、図面からの勝手創造との差にやられているんですね。雑誌やWEBでひろった住宅の施工写真などを参考に間取りをイメージしているとさらにイメージ差がでると個人的に思っています。

         

        基本的に、施工写真ってプロが撮影していたり、プロじゃなくても一眼レフや広角レンズなどを使って撮影しているので、とても広く、立派に見えるんですよね。すごい奥行きのある、リッチな空間にみえるのに実際は8畳みたいな。

         

        広々とした空間を創造してたのにいざ建ったらこの狭さ!?となる可能性もはらんでますよね、、、こわい、、、

         

        私は空間把握能力が低いせいか、図面と実際の感覚差になかなか慣れず大変でした。

         

        じゃあどうすればいいんだいって話ですよね。

        じゃあどうやって感覚を身に着けたのか?というと

         

        ①とりあえず巻き尺

        気になったらとにかく寸法を測ってものの大きさを把握、自分の手を開いた時が18㎝だからこれは大体こんなもんか、肩幅54㎝だからこの廊下は、、、狭いな。とか考えることで物の大きさ感覚が見についてきます。(これについてはまだまだ修行中)

         

         

        ②モデルハウスとかに行く

        いろんな家に行って図面と実際を見比べます。これで分かったのは、間取り図の書き方でも感じ方が変わるなということです。(スタッフ調べのため人によってはそうでもないかも…)

        べた塗の間取り図は実際よりもこじんまりしている気がします。

        逆に白塗の間取り図だと実際よりも広いような、、

         

        あとはその時の間取り図のサイズで小さいと狭く、大きいと広く錯覚している気がしました。(スタッフだけでしょうか、、、笑?)

         

        現在はコロナ禍でフラッと行けなくなってしまったのが残念です。

         

         

        ③パースを見る。描く

        内観パースを描くようになってから天井の高さや建具や壁の感覚が図面から読み取りやすくなってきました。これが一番効果大きいと思います。

         

        とはいうものの、外観パースなどはいまだに難しいです。

        図面が読めていない故なのか、センスがないだけなのか、、、

         

         

        お客様にも内観パースがあるとわかりやすいと喜んでいただけて、自分でもイメージの助けになるし、内装決めるときに使えるし、訓練になるので一石二鳥です。

         

        平面図も人や家具を入れると実際の通路が見えてくるのでおすすめです。

         

         

        和室。まあまあ良くできているのではないでしょうか!?

        下が実際の和室です。広角レンズで撮影したので横に広い感じが若干ありますね。窓は完全に書き忘れています。

         

         

        おわりに

        あくまで個人の感覚とやり方なので必ずしも誰もがこれで空間把握能力が向上したり、身につくわけではないと思います。実際スタッフもまだまだ修行中です。

         

        家づくりの一助にはなるかなと思うので、参考にしてみてください。

        身近なモノの寸法を測るなどはすぐにでもできるので、家づくりをされている方はぜひ実践してみてください^^

         

         

         

        【お問い合わせ】

        フリーダイヤル 0120-70-2711

        または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

         

          お名前 (必須)
          郵便番号 (必須) (例:378-0045)
          住所 (必須)
          お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
          E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
          鞍城建設をどこで

          知りましたか?
          ご希望の連絡方法

          見学会参加希望
          資料請求希望
          無料相談希望
          ご質問・ご要望等

          確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


          【相談会】家づくりはじめましょ【工務店】

          投稿日:2022年02月08日

          家づくり

           

          これから家づくりの方!

          日も延びてきたことですしそろそろ家づくり始めちゃいましょう!!

          手始めに、お近くの書店へ行ってRecruitから出ている

           

          SUUMO「注文住宅 群馬で建てる」

           

          という雑誌を買って、その中の書き込みができる「家づくりスタートBOOK」をチェックしていきましょう。

           

           

          決して、スタッフはSUUMOの回し者ではありません、、、。

          ただの一読者です。

           

          一読者として家づくりをするにあたり、何をすればいいか、なにを見ればいいか、全く見当もつかない!という家づくり初心者の方にはなかなかお勧めなのです。

           

          困ったときは

          ①こちらを一読し

           

          ②自分たち家族の暮らしのイメージを雑誌で探したり、方向性、予算、などを家族でよく話しあいつつ

           

          ③まとまってきたらハウスメーカー、工務店、設計事務所などへ足を運んで話を聞いてみましょう。

           

          だいたいの流れが「家づくりスタートBOOK」にあるので安心です。

           

           

          この雑誌はあくまで一スタッフのおすすめなので、もちろん買わないと相談に行けないわけではありません。

           

           

          とにかく困ったら鞍城建設に相談してみる!

           

           

          という方、大歓迎です!!!ぜひ鞍城建設の無料相談会へ参加してください。

           

           

           

          要チェック

          この土地探しやら予算やら、プランやら、会社によって対応が異なるので、この辺りは要チェックですね。吟味して依頼先を選定してください。

           

           

          依頼先が決まったあとの設計、契約以降~着工の段取りも会社や場合によって順序が前後する可能性もあります。確認しながら、すすめていきましょう。

           

           

          今は新型コロナウイルスの影響があるのでモデルハウスや見学会、相談は予約されることをお勧めします。予約するとじっくり話を聞けるかも!?

           

           

          【お問い合わせ】

          フリーダイヤル 0120-70-2711

          または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

           

            お名前 (必須)
            郵便番号 (必須) (例:378-0045)
            住所 (必須)
            お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
            E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
            鞍城建設をどこで

            知りましたか?
            ご希望の連絡方法

            見学会参加希望
            資料請求希望
            無料相談希望
            ご質問・ご要望等

            確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。