TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【古民家】東吾妻町の朝陽堂へ【蔵リノベ】

投稿日:2021年10月05日

吾妻郡エリアが激アツ

 

先日東吾妻町の「朝陽堂」さんに行ってきました。

今年に入りオープンした情報は耳にしていたのですが、中々行けず、念願の初訪問を果たしたわけなのです。久しぶりの吾妻郡エリアですが、ここ数年、どうも素敵なお店が増えています。

 

リノベーション

こちらは築240年以上の建物をリノベーションした古本、雑貨、ギャラリーのお店なんです。もともと商いをしたりしていた古民家(蔵?)でまだ平成の頃は本屋さんとして営業されており地元民にも愛されていたようです。一度は閉店したものの、お孫さんの代になって新たなお店として甦りました。

 

 

地元の職人さんを頼りつつ、ご自身でできるところはDIYで作り上げてきたとか。この規模は内部も外部もDIYはかなり大変だったと思われます。

 

鞍城建設でも古民家リノベや蔵リノベを手掛けているので、建物についてはかなり興味深いところでした。

 

内覧するともともとの素材を大切にしていることがとてもよくわかる空間でした。

構造はもちろん、壁や床も200年以上そこにあったと思われる素材たちがそこかしこに残されておりました。新しくした部分も無垢素材が使われておりとても心地よい空間でした!!

 

ギャラリー

ちょうどこの日は写真展示会の期間で2階のギャラリーに素敵な、美しき写真たちが並べられていました。

    

 

こんな素敵な空間をギャラリーとして使えるなんていいですね!!

人がいてこそ生きる建物だと改めて実感。

中之条町でもビエンナーレが開催されますが、芸術文化が吾妻郡に浸透している感じですね。ちなみに今回展示を開催されている写真家のお二人も地元出身なんだとか。美しい山川に囲まれた地域で育つと感性も繊細に養われるのかも、、、

 

古き良きを現代に活かす

建物と写真を見るのに夢中でうっかり1階店舗の写真を撮り忘れていました。写真展は10月9日(土)迄とのこと。ぜひ、この朝陽堂さんに足を運んでみてください。

美しい梁たち。床が張ってあった一部を剥いで吹き抜けにしています。吹抜周囲は通路になっているのがまた乙。古きをそのまま残すのではなく、現代の用途として使いやすいように、少しずつ造り替えて大事に継いでいくって素敵ですね。

 

 

皆さんの身近にある古民家や蔵をリノベーションしてすてきな空間を作ってみませんか。鞍城建設ではそのお手伝いをさせていただいております。気になる方はお気軽にご相談ください。

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


     

     

     

     

     

     

    【家づくり】雨落ちのススメ【外装】

    投稿日:2021年09月27日

    雨落ち

    雨落ち(あまおち)ってご存じですか?

    文字を見た通り、「雨垂れの落ちるところ」のことです。

     

    雨が降る→屋根を流れる→軒先から地面に垂れる→はねる→壁が汚れがち

     

    この流れの後半部分「はねる→壁が汚れるがち」になるのを防ぐ家づくりの工夫の一つに雨落ちがあります。

     

    現代の住宅ではほとんどが軒樋、竪樋が設けられており、それを伝って雨が流れます。これが昔の建物・・・例えばお寺や神社、蔵などには樋がない場合があります。そんな時、軒先下の地面を見ると何やら砂利が敷かれていたり、瓦が刺さっていることがありませんか??

     

    これが雨落ちです。

     

    最近雨落ちを見かけることが数回あり、、、、せっかくなのでご紹介していきたいと思います。

     

    神社の雨落ち

    須賀神社の雨落ち

    瓦が埋まっています。近くで見ると生えてるって感じでかわいいです。

    下の写真を見ていただくとなんとなく屋根(軒先)の形に添って瓦が埋められているのが分かりますね。

     

     

    店舗の雨落ち

    こちらは今年の7月、前橋市に新しくオープンしたJINS PARKです。

    設計は永山祐子建築設計。眼鏡屋のJINSとパン屋のエブリパンが入っており、イートインもできます。芝生の庭や手前の広場、中に入って階段を上がった先には中庭が広がっていてカフェスペースとしても休憩スペースとしても使えます。

    建物についてはまた今度詳しくとりあげるとして、こちらの雨落ちシステム

     

    こちらです。↓↓

    前橋市のJ!NS PARKの雨落ち

     

    銅板葺きの屋根?なんですけどゆるっとこの角に向かって勾配がついているようで(近くで見ると分からない・・・)ここに雨が落ちてくるシステムになっています。

     

    かわいい、、、、、、!

     

    内部の経路はよくわかりませんが、かどっちょに筒状のものが下がっているのが分かるでしょうか?そこから落ちて地面の砂利部に当たります。

     

     

    家の雨落ち

    こちらは店舗併用住宅なんですけど、よーーく見ていただくと軒樋がないことが分かるかと思います。家の周りのテラコッタっぽい色の部分が雨落ちです。

     

    これは瓦のリサイクル品で、砕いたものを敷き詰めています。

    踏むとざくざく音が鳴あり防犯にもなる優れもの。またこの風合い、色味が植栽との相性がよくておすすめです。

    雨が落ちる様子を撮影したけど分からなくなっちゃったパターンですけど、せっかくなので、写真を掲載しておきます。↓↓

     

    おわりに

    以上、雨落ちをちょこっとご紹介しました。多分、もっと面白い雨落ちが、いろんなところにありそうな気がするので、意識して色々見ていこうと思います!!

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      【まちづくり】家や建物がまちをつくる

      投稿日:2021年08月27日

      先日、研修で太田市を訪れました。

      朝から夕方まで座りっぱなしの研修で疲れましたが、復習できた部分と新たに学べた部分があり、少しだけレベルアップできました。良かったです。

       

      せっかく太田まで足を運んだからには、ここに寄らねばどこに寄る。

      と、いうことで帰りしな太田市美術館・図書館を訪れてきました。

       

       

      コロナのせいか諸々、利用制限はありましたが、建物自体をたのしんだり、どんな本があるのかを堪能することができるので、コロナがもう少し落ち着いたらぜひ皆様遠い方も足を運んでみてください。

       

      建物だけでも1時間は楽しめます!!!いるだけでどきどきワクワクします。

      本もかなり見応えがあり、専門書も充実していました。

       

       

      太田市美術館・図書館

      この施設のコンセプトがおもしろくて、

       

      基本理念が「まちに創造性をもたらす知と感性のプラットフォーム」だそうです。モノづくりを中心に発展してきたことを踏まえ、これからのまちづくりにその創造性を活かしていくための拠点となることを目指しているそうです。

       

       

      さらに目的として

      • 太田市に蓄積されてきた創造の遺伝子の収集と調査研究
      • 世界の最先端の完成やクリエイティビティに触れる機会の提供
      • 次代を担う人材、プロジェクトの育成

      という3項があげられていました!!!

      引用,参考:太田市美術館・図書館HP(https://www.artmuseumlibraryota.jp/facilities/#id01)

       

       

      美術館もあるとはいえ、図書館にもしっかり目的を据えてていいなあと思いました。様々な種類の専門書を目にしたのはこのコンセプトのおかげだったんですね。

       

       

      さらにすごいのが、実際に市民とのワークショップを行い各専門家とも話し合いながら作り上げたことです。

      建築士の平田晃久氏による建築ですが、施設概要から詳細を知ることができます。とても人を大事にしているなあと思いました。

       

      駐車場側から

       

      建物とまちづくり

      今回の訪問から、ただそこに設計した物体をたてれば「はい、おしまい。」というものではなく、建物が一つ出来上がるというのはその地域を構成する細胞ないし部品が一つ増えるということだと思いました。

       

      それはもちろん外観的なことだけではなく、その利用方法や内部の詳細な工夫、意味もまちづくりの大事な一要素となっていきます。市民がおおく利用するところこそ、生の市民の声を拾い上げるというこのやり方は市民のプラットフォームづくりとしてはやるべき姿勢ですよね、、、家づくりでもご家族それぞれのご意見やご要望を伺いながら、検討して最後一つにまとめあげていくのだから、それの大きい版と思えばさもありなん。

       

      沼田市本町通り

       

      家一つとっても、設計図を見てるだけでは自分の家しか見えないけど、遠くから見ると、その家と土地、地域とのバランスが見えてきます。

       

      家をつくること、建物をつくることはまさにまちづくり。

       

      沼田も太田みたいにもっとおもしろいコミュニティやら建物ができたらうれしいですね。テラスはテラスですてきですけどね。アートもっとぶちこんでもいい気がしますよね。

       

      【お問い合わせ】

      フリーダイヤル 0120-70-2711

      または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

       

        お名前 (必須)
        郵便番号 (必須) (例:378-0045)
        住所 (必須)
        お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
        E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
        鞍城建設をどこで

        知りましたか?
        ご希望の連絡方法

        見学会参加希望
        資料請求希望
        無料相談希望
        ご質問・ご要望等

        確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


        【ぐんまの建築】白井屋ホテル散策【藤本壮介設計】

        投稿日:2021年08月12日

        皆さんは前橋市になる白井屋ホテルをご存じでしょうか。

         

        歴史あるホテルでしたが、2008年に廃業、しばらく廃墟と化していたようですが、2020年12月にリニューアルしてアートの楽しめるホテルとして藤本壮介氏が新築、改修の設計をして復活しました。

         

        ホテルのHPによると田中仁財団による地域活性化事業の一環として始まったそうです。私は2019年ころにホテル周辺がざわついているのに気づき、気になりすぎて2020年8月にオープン前に内覧会ないか試しに問合せメールをしてしまったほどです。

        実施予定はないとのことだったので、オープンを待ったわけですが、何となく行くタイミングを逃しずっと行けずにいました。

         

        ちなみに、私が気づいたのが一昨年くらいなだけで、このプロジェクト自体は2014年に始まっていたらしいです。県内のことなのに全然知らなくてお恥ずかし~ってかんじでした。

         

        そして先月頭に満を持していざ出陣してまいりました。

         

        大通りから見た白井屋ホテル

         

        ここもすでにアートが始まっています。

         

        設計は藤本氏ですが、そのほかに多くのアーティストが参加し作品がちりばめられています。詳しくは白井屋HPをご覧ください。

         

        こちら↓が半屋外?で大通りの50号と商店街側の細道を繋ぎます。

        植物たくさんで大好き空間です。

        エントランス前

         

         

        エントランスから食事ができる[the lounge]へ続きます。

        いい塩梅に植物たちが目隠しとなりつつ、道標的に誘導してくれます。

         

         

        階段を上ると各部屋につながります。ここは宿泊された方しか進むことができません。

        この写真だとよくわかりませんが、コンクリートの梁とは別に独自に浮かぶ配管は以前の部屋をなぞっているとか、、、!ロマンあふれて素敵ですね。

         

        著名な建築士の方が設計された建物って意識して訪れるのは初めてかもしれません。コロナが落ち着いたらいろんな建築物を訪れてみたいものです。

         

        ちなみに弊社は工務店であり、一級建築士事務所でもあります。

        あまり知られていないかもしれないのでここであえてお伝えしておきます。設計施工として家づくりをしています。

         

        ランチは時間的に都合が悪かったのでモーニングタイムに席を予約。コーヒーだけで帰ろうかと思いましたがせっかくなので朝ごはんをもりもりいただいてきました。

         

        量はやや多めで苦しかったですが、すっごいどれもおいしかったです。

        おいしくないものはお皿上に存在しませんでした!!!うま~

        次回はランチに行って、またアートなどもゆっくり堪能してきたいと思います。

         

         

         

         

         

        【猛暑】涼しさを暮らしに【暑さ対策】

        投稿日:2021年08月03日

        暑くなりましね。日差しは強く、気温も高い、仕上げに湿度も高めと、日本特有の蒸し暑い日々が続いています。

         

        冷房は必須。でもできるだけ省エネにも意識を向けたい。=冷房機能+αで室内、建物内を涼しくしていく方法を考えてみます。

         

         

        植物

        ①観葉植物

        観葉植物って夏でも触るとヒヤッとしてるんですよね、これたくさんあれば空気がきもーーーち涼しくなるのではないでしょうか。光合成の過程で熱を吸収してくれることが科学的にも言われています。

         

         

         

        ②グリーンカーテン

        近年は夏になると各家庭で実施しているのをよく見かけます。沼田市でも以前グリーンカーテンようにゴーヤの苗だか種を配ったりしていましたね。植物の涼しさ効果に加えて、オーニングのように日差しを遮ってくれます。

         

         

        ③庭の木

        庭に木陰を作る気があるとそれだけで涼しいですね。外遊びをしていても逃げ場があるのはいいことです。また、木々を通した風はとても涼しく気持ちがいいです。街を歩いていても、建物の影よりも木陰の方が涼しい気がしますよね。

         

         

         

        内装

         

        ①遮熱カーテン

        いまはほとんど標準仕様になっているのではないでしょうか?カーテンレースは遮熱機能があるものを採用しましょう。日は取り入れたいけど、熱はできる限り入れたくない場合の必須アイテムです。

         

         

         

        ②涼しい色のファブリック・インテリア小物など

        これは気持ちの問題だけど、効果があります。色は自律神経や心理状態に影響があると言われています。ブルーや水色、緑などをソファカバーやベッドカバーなどで取り入れるといいでしょう。ひんやりするような素材感も大切です。

         

        クチュールキヨラさんのつまみ細工作品

         

         

        ③ウォーターベッド

        高価な買い物なので、すべての人にお勧めできません。でもかなり快適です。スタッフの祖父母が使っていましたが、ウォーターベッドは本当によい。と大変ほめていました。

        詳しい方いらしたらぜひ効果のほどを教えてください!!

         

         

         

        薄い壁、不十分な断熱材、断熱機能の低い窓サッシを採用しないこと。

        これから家づくりをする方、リフォームを検討している方はこのポイントを押えておくことをお勧めします。熱の移動がしやすい建物は外の熱気を家に侵入させやすいです。

        鞍城建設で家を作ったお客様の声で聞かせていただくのが、

        「夏場もエアコン1台ですぐに涼しくなり、1日中もつので快適に過ごせる」

        というお言葉です。これを体感していただけるのが鞍城建設としては大変うれしいことです。断熱性能を高くすることでエアコンを強くし過ぎることが少なく、体にも優しい点はおすすめポイントの一つ。

         

         

        それぞれの暮らしに合った”涼”を取り入れてみてはいかがでしょうか。

         

        まだまだ暑い日が続きそうです。熱中症に気を付けて過ごしましょう!!

         

        【お問い合わせ】

        フリーダイヤル 0120-70-2711

        または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

         

          お名前 (必須)
          郵便番号 (必須) (例:378-0045)
          住所 (必須)
          お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
          E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
          鞍城建設をどこで

          知りましたか?
          ご希望の連絡方法

          見学会参加希望
          資料請求希望
          無料相談希望
          ご質問・ご要望等

          確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。