TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【家づくり】省エネ住宅への道②【断熱】

投稿日:2021年06月22日

省エネ住宅を目指すには。

 

前回の続き的に省エネのお話を。

 

前回これからは省エネがますます推奨されますよ、というお話とざっくりした省エネ住宅になるための流れをご紹介しました。↓↓

【家づくり】省エネ住宅への道①【断熱】

 

 

タイトルの断熱を回収し忘れたので、今回は断熱と省エネのお話をちょこっと。

 

省エネな家を目指すのに計算をするといいましたが、その計算で求めるのが、

外皮性能と設備の省エネ性能でどれくらい使うエネルギーを減らせるんだい?っていうものなんですね。

 

外皮性能

 

こちらががまさに「断熱」で左右されます。

床、壁、天井、開口部(窓サッシ)…家を覆う外皮で熱の移動を少なくすることが省エネ効率を助けます。しっかりめの断熱が大事。隙間なく埋め尽くしたいところですね。

 

 

住宅設備

あとは換気、照明、浴槽、給湯器、使用する冷暖房器具といった設備を総合的にみてどれくらい使用するエネルギーが減らせるのか。太陽光発電システムを搭載すればどれくらい暮らしの電力が賄えるのか。

で省エネ住宅が出来上がります。省エネにはこの2点が欠かせません。

 

 

断熱

日本の土蔵って書物や武器、農具の収納だけではなく、食物の保存場所としても使われていました。事実、スタッフの田舎の祖父母宅では収穫したお米を1年中土蔵に保管して、精米した分が無くなったらまた蔵へ取りに行くというスタイルで過ごしていました。冬の寒さにも、夏の暑さにも左右されず、冷蔵庫もない時代からばっちり保存ができていたそうです。

 

これはひとえに土蔵の構造のおかげ。

 

え?土って結構伝わりやすくない?ってなるんですけど、土蔵は

・壁が分厚め…熱が伝わるのがゆっくり

・窓が少ない…熱の移動を少なくする

・調湿性能が高い…快適な室温を保つ

・蓄熱性がよい…熱しにくく冷めにくい

 

という室内の温度や湿度を一定に保つ性質がお米にやさしい環境を作り出しているようです。もちろん、今はもっと現代にあった断熱の仕方がありますが、この土蔵の構造自体は日本で暮らす上ではとても参考になります。

夏場の暑さと湿気の多さはカビの繁殖を促しますが、室内が土蔵のようになっていればカビも発生しにくくなります。

 

 

実は鞍城建設の家づくりも土蔵からヒントを得ています!!

詳しくは、、、、弊社の社長に聞きにいらしてください!笑

 

 

とにかく、このお米にやさしい環境、人にも優しいんじゃない?!?!?!?!?ってことなんですね。

 

何を伝えたいかというと、断熱は結果的に省エネにつながるけど、そもそも人にやさしい、健康を守ってくれるということなのです。

 

皆さんも健康的な暮らしにプラスして快適でさらには省エネにもなる家づくりをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


    【平屋】GW前小さな家の上棟【はなれ】

    投稿日:2021年05月07日

    GW前におめでたい棟上げ。

    風は強めで肌寒い日でしたが、写真映えするようないいお天気でした。

     

    今回は新築といっても住宅敷地内に「なはれ」を新築するので、お施主様と相談して上棟式はせずに、棟上げを終えました。

     

     

    自然が豊かなところです。

     

    上棟では骨組みの状態がよくわかります。シンプルな形の平屋でサイズがいい感じですね。複雑な構造の芸術的な建物も素敵ですが、シンプルで安定感があり、伝統的な造りを踏襲している建物も素敵です。

     

    ここ何年か、「タイニーハウス」「小屋」が流行っていて、専門雑誌もよく見かけます。それよりは大きいですが、お庭がある方などは書斎や子供の秘密基地(勉強部屋?)、一人になって「ほっ」と一息つける隠れ家としていかがでしょうか?

    中には庭にテントを張って小屋の代わりにする方もいるとかいないとか・・・

     

    「小さな平屋」「はなれ」「小屋」「タイニーハウス」「こじんまりとした家」など気になる方。まずはご相談ください。

     

     

    群馬の沼田、前橋、高崎で自然素材の和モダン住宅を建てるなら鞍城建設へ。断熱性能や調湿性能にこだわり、省エネで人と環境にやさしい住まいをご提案します。注文住宅、平屋、リノベーション、二世帯住宅、数寄屋建築や土蔵リノベーションを

    ご検討の方は無料相談会へお越しください。

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      【施工例】木材コーディネーターの銘木の使い方【和モダン】

      投稿日:2021年04月15日

      施工例を更新しました。

      新建新聞社「和モダン住宅」にも掲載された家です。県産材から倉庫で熟成された銘木材まで、ふんだんに木材が使われている住宅です。

       

      自然素材の木の家は多いですが、木目や材料の色味を活かした「木のコーディネート」は鞍城建設ならではの個性を表現できていると思います。ちょっと贅沢な“木”の利いた空間です。光と風と木と…調和されたすまいをお楽しみください。

       

      木材コーディネーター・・・この表現初めて使ってみました。笑

       

      【素材を活かす】和モダン住宅商和通りの家【造作】

       

       

      【施工例】銘木建具の施工例を更新しました。

      投稿日:2021年03月15日

       

      建具の施工例を更新しました。今回は玄関の収納特集。靴はやっぱり隠しておきたい派の皆さんは必見です。

      \\ ↓↓詳しくはこちらをクリック↓↓ //

      【隠す収納】玄関まわりの造作家具【銘木建具】

       

      【古民家】予算に合わせたミニマルリフォーム【掃除がキモ】

      投稿日:2021年03月12日

      ちょっと前から古民家を再利用して店舗にしたり、住宅として利用する方が増えています。無垢の木材や石、土、漆喰などを使っているような昔の家は農家屋でも町家でも古ければ古いほど味わい深い趣が出てくるので好きな方にはガツンとはまるのではないでしょうか。

       

      そんな古民家ですが、長いこと空き家になっていたり、人は暮らしていたものの年配の方だと不便がなければちょっとした不具合は修復せずそのまま売りに出すなんてこともままあるのでたいていの場合がリフォームが必要となります。

       

       

      「じゃあどんなリフォームをすればいいんだい??」

       

       

      理想は全体的な大規模改修ですが、今回はできるだけ予算は抑えたい。という方向けに、最小限のリフォームをご紹介していきたいと思います。

       

       

      利根沼田は養蚕農家だった家も多く、大きな古民家がたくさんあります。大体どちらのお宅も庭付きです!

      コロナ移住など検討されている方には古民家で広々とした暮らしを実現できる関東県内地域としてはおすすめです。

       

       

      水廻り設備リフォーム

      まず、生活に欠かせない水回り設備。古民家では空き家が長いとあちこちが傷んで使えないことがあります。次のような懸念事項があげられます。

       

      • 浴室がタイル張りで滑りやすい
      • 浴槽が深く入るのに困難
      • シャワーがついていない!?
      • とにかく汚い。カビがすごい
      • 給湯器が痛んでいて使えない。
      • キッチンの使い勝手が悪い
      • トイレが和式
      • などなど

       

      ほとんどの古民家で水廻りは優先的にリフォーム内容に含まれます。水道や電気工事、大工工事が必須なのでそれなりに金額はかかってしましますが、選ぶ設備によって予算を抑えることもできます。

       

        

      昭和年代のキッチンはとてもしっかりした造りの物が多いので状態が悪くなく、使い勝手を気にしなければそのまま使う手もあります。

      トイレは入替がおすすめです!!私なら絶対にやります。

       

      床リフォーム

      畳は入替またはフリーリングへの変更をお勧めします。床下はなるべく事前に調査して白蟻がないか確認するのがベストです。

      床下の土台からリフォームしている様子↓↓

          

       

       

      クロスリフォーム

      メインのLDKと寝室だけなど、必要に応じて空間ごとに段階的な施工をすることもできます。ひと思いに全室やってしまった方がスッキリはしますが予算に応じて選びながらでもよいと思います。

          

       

       

       

      クリーニング

      よもやリフォームじゃないじゃない。というのはおいておいて。笑

      特に古民家の場合は埃や長年の汚れが蓄積していることが多いので家全体のクリーニングや木部の灰汁洗いをするだけでもある見た目的にはよくなります。自分だけでは行き届かない場所も業者にお任せすればあっという間。

      土蔵リノベーション

      でも本音で一番おすすめしたいのは断熱工事

      今回はミニマルに、必要に応じてできそうなリフォームをご紹介しましたが、長く快適に過ごすにはやっぱり断熱工事が欠かせません。スケルトン解体しなくてはいけないこともありますが、躯体さえ整えておけば中身はまた資金をためて少しずつきれいにしていくことも可能です。

      スケルトン解体後の断熱工事

      壁を壊して直すと大掛かりになってしまいますが、開けてみたら壁内結露が原因でカビだらけだったなんてこともあるのでぜひやってください。

      まとめ

      いかがでしたでしょうか。いくつかご紹介しましたが、予算が決まっていればあとはどのように暮らしたいか、何が必要かなどをご家族でよく話し合って、優先順位を決めてみましょう。どうすればよいかわからない時は鞍城建設の「住まいの無料相談会」にご参加ください。

      家づくりのプロフェッショナル達がご要望を伺ったうえで、直す必要がある部分…そのまま暮らすと危険、あまりにも不便…など説明とリフォームのご提案をさせていただきます。

      群馬の沼田、前橋、高崎で自然素材の和モダン住宅を建てるなら鞍城建設へ。

      断熱性能や調湿性能にこだわり、省エネで人と環境にやさしい住まいをご提案します。注文住宅、平屋、リノベーション、二世帯住宅、数寄屋建築や土蔵リノベーションをご検討の方は無料相談会へお越しください。

       

      【お問い合わせ】

      フリーダイヤル 0120-70-2711

      または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。