TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【家づくり】家の素材を考える【それぞれの良さ】

投稿日:2022年11月14日

11月

 

今月頭に開催された予約制構造内覧会が無事に終わりました。

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

さて、先週は皆既月食+十かん夜でお月見イベントが満載でしたね。お天気も良く、お月見日和だったのではないでしょうか。皆さんはご覧になりましたか?

 

 

月が見えない日はそれはそれで美しい星空が観察できます。寒くなってくると空気が澄むのか、星がくっきりはっきり見えるのでこのほどよい冷え具合の時期は夜空の観察が楽しいですね。

 

家のこと

 

最近ブログに何を書けばいいかブログ迷子のスタッフですが、今回は家づくりから少し、、、

 

鞍城建設の家づくりでは自然素材由来のものを基本にしているので内装材はもちろん珪藻土の塗壁や和紙の壁紙をメインに設計しています。これは家の通気、調湿を大切にしているので、素材も家が呼吸できるものを使っていただきたいという思いがあります。

 

自然由来の素材って本当に肌触りもいいし、不思議と空間が心地よいものになるんです。空気がいいというか、、、とにかくおすすめなんです。

 

でも!!!!

 

いいんだけど、でも!と思うことしばしば。

というのもカラーバリエーションが低価格帯でもっとたくさんあったらなと思うんです。

ビニールクロスはバリエーションありすぎて逆に悩んでしまいますが、様々な組み合わせができるのがいいところです。機能性も豊かで抗菌性能など備えているものもあるのが魅力的。

 

 

比較検討

 

正直好みどういった機能を求めているかで選択が変わってくると思うので、絶対にどの素材がいいと申し上げられないんです。それぞれのメリット・デメリットがあります。

 

 

珪藻土

お客様のお宅など伺うと珪藻土は風合いがよく、落ち着いた質感でちょっと高級感もある気がします。空気は浄化されているのか(?)生活臭が少ないと思います。

 

和紙クロス

自然素材なので経年変化(美化)で時間がたった時に味わいが出ます。他にはないマットな質感もあるのが魅力的。染みの原因になるので濡れ拭できないところが弱点。

 

ビニールクロス

豊富な色柄バリエーションは他にはない魅力。機能性も様々です。何も気にせず水拭きもしていただけます。貼りたてはビニールのにおいがちょっときつめです。基本通気しないので湿気ている空間で換気がちゃんとできていないと内部(クロスと壁の間)からカビゴンになることも。

 

不織布クロス

圧倒的マイナークロス。DIYがお好きな方がご自分で購入して使っているイメージです。水ぶきができるのがいいところ。輸入品が多いようです。

WALPAというサイトが多くのメーカーを扱っていますね。見るだけでも楽しいです。

先日訪れたお店の壁紙がとても素敵でした。たぶんモリスだった気がします。

 

 

使用感

 

我が家ではリフォームで和紙クロスとビニールクロス、不織布クロスにした部屋がそれぞれあります。塗壁の部屋は残念ながらないのですが、まあそれぞれ一長一短かなと。

 

6年目くらいですが

・ビニールクロス…剥がれや亀裂が出てきました。

・和紙クロス…今のところ問題なしです。虫をつぶした跡が染みなって残っているのが悲しいです。

・不織布クロス…こちらも問題なしです。塗装タイプの不織布を使っていますが貼って剥がせるソフト粘着剤を遣ったら塗料面が剥がれました。

 

雑にご紹介しましたが、それぞれ予算や性能、デザインなどご自身の家づくり、部屋の用途に合った素材を建築士やコーディネーターと相談しながら選んでいただければと思います。

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


    【模型】Anjoh設計室ってご存じですか?【建築】

    投稿日:2022年01月28日

    建築士事務所っぽい!

    と思ったのとお客様の家づくりのイメージがしやすくなるお手伝いができればと思ってこの度 白模型なるものを作ってみました。

     

    そうそう、実は弊社 工務店であり、建築士事務所でもあるのです。

    社長の石坂が1級建築士で、Anjoh設計室という名前で設計業務もしております。あまり知られていないかもしれないのですが、1級建築士事務所登録もしてあるれっきとした(?)建築士事務所なのでございます^^

     

    建築に携わるものとしてこれくらいはやってみたいと思っていたのでレッツトライです。

     

    そして今回の作品がこちら

     

     

     

     

    背景が、、、いまいちですが、、、

     

    まず立面図と平面図を元に外壁と床を切り取ります。

    それから平面図のに合わせて壁を立ち上げていくと

     

    1階主たる居室周辺。

    覗くとあってはならない隙間とちょいちょいまみえることになります。

     

     

    玄関~左上は階段で2階に続きます。

     

    こんな感じで出来上がりです。

     

     

    イメージのためだから、、、!

    ちょっと抜けている部分もあり精密さには欠けますが、、、、(精密さ大事)

    模型素人にしては上出来ということにしておきましょう!! ←

     

    言い訳だらけで見苦しいのは置いてさらに言わせていただくと、、、(笑)

     

    写真は真っ白で分かりにくいですが、1階と2階それぞれを上から見ることができるので、イメージしやすくなったのではないかしらと思います。

     

    さらには外から明りを照らすと日射実験など楽しんでいただけます。

     

     

    材料は?

    今回使ったのは「スチレンペーパー」という材料で発泡スチロールを薄く板状にしたもので、2㎜厚タイプでつくりました。1㎜~5㎜厚などもあるので中級者、上級者は実際の厚さに合わせて使い分けすることもあるようです。その方が手間も少ないしきれいにできそうですね。

     

    とにかくまっすぐきれいに切ることと、隙間なく角を合わせられるようにしたいものです。余力があったら、今後も挑戦してみたいと思います。

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      【寒い】気温が低いこの頃…【大寒】

      投稿日:2022年01月19日

       

      寒いなと思ったら、こりゃ寒いわけです。

      翌々考えたら明日は大寒。

       

      出勤時の外気温BY車の温度計です。いつもは-1~-3℃あたりですが本日はさらに低め。お山の気温ですね。毎晩のように降雪もあるので足元には十分お気を付けください。毎朝スリップを恐れて脚に変な力が入ります。

       

       

      家づくりと気温

       

       

      暑すぎても難ですが、寒いのも考え物。

       

      塗壁などは施工の段階で材料が水分を含んでいるので、タイミングがよくないと凍ってしまうことがあります。なので、冬場は天気や気温の様子をうかがいながら施工します。

       

       

      土工事から基礎、上棟や外壁、塗装など家づくりでは天候との戦いが多く、天気予報チェックが欠かせません。WEB上でも様々な予報サイトがありますが、どこのサイトが当たりやすいかや、いくつかのサイトから天気、気温の傾向を推測して方針を決めることもあります。

       

      お勧めの予報サイトがあればぜひおしえてください^^

       

       

      健康とメンテナンス

      この前みなかみ町のふじ弁当さんで「栄養士が考えた」ヘルシー弁当を頼んでみました。1個から配達してくれるので助かります!

       

      おかずが小分けで二口サイズくらいでとても食べやすかったのでおすすめです。

      五穀米というところもうれしい!!

      カロリー約440kcalで健康的なお弁当というところがいいです。

      鞍城建設も健康的な家づくりなので健康にはつい反応してしまうスタッフ。

      健康を維持するためにメンテナンスは欠かせません。手を入れないと朽ちていくばかり、、、!!2022年は家も身体もメンテナンスもしていきましょう!

       

       

      【お問い合わせ】

      フリーダイヤル 0120-70-2711

      または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

       

        お名前 (必須)
        郵便番号 (必須) (例:378-0045)
        住所 (必須)
        お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
        E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
        鞍城建設をどこで

        知りましたか?
        ご希望の連絡方法

        見学会参加希望
        資料請求希望
        無料相談希望
        ご質問・ご要望等

        確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


         

        【施工例】平屋の小さな木の家【ほぼ、360°木!?】

        投稿日:2021年07月21日

         

        施工例を更新しました。

         

        平屋の小さな木の家です。家というか、母屋の敷地内にあるはなれです。

        外壁は板張り、内装も天壁床無垢板張りという木に囲まれた心地よい空間です。

        天井は構造が現しになっていて見応えがあります。

         

        土間スペースをたっぷりとっている空間づくりも面白いです。

         

        施工例はこちらからご覧ください↓↓

        【平屋】小さな木の家【光と風と木と…】

         

         

         

         

        【暑い夏】昔の家に学ぶ【涼しい家】

        投稿日:2021年07月19日

        梅雨が明けた途端にすっかり暑くなりました。暑すぎます。

        先月までは毛布を出して寝ていたり、長袖パーカーを着たり、一瞬ストーブを復活させたりしていたのがウソのようにあっという間に連日真夏日。日々冷房器具のお世話になっております。

         

         

         

        冷房器具といえば、先週親せき宅に伺ったのですが、そこでは冷房が使われていませんでした。あっちの窓とこっちの窓を開けておけば風が通って涼しいんだよ。とのことです。

         

         

        そういえば祖母の家も夏は網戸にしておくだけで涼やかに過ごせるなあと思いだしました。よく「この家は避暑地の別荘だね。」と言っているのですが、

         

        ①やたら広い

        ②2階があるので1階は太陽熱の影響が少ない

        ③自然光が少ない(軒深め)

        など涼しそうな特徴があります。(広いのは関係ないかも?笑)

         

        中之条町 国指定重要文化財冨沢家住宅

         

        養蚕農家はお蚕様のために調湿、調温の効く造りだそうです。なので夏は比較的涼しいです。現在冬は隙間だらけなので激寒です。囲炉裏があるとまた違うのかもしれません。

         

        3階建ての養蚕農家

         

        土壁というのもいい仕事をしているようで、それには土壁の熱容量だっだり、気化熱、また日射時間など様々な要素で室内環境を快適に保っているそうです。

        詳しくは丸谷博男先生によるコア東京WEBの連載記事「古民家から学ぶエコハウスの知恵」をご覧ください^^

         

         

        土壁とかは現代で難しいので十分な断熱でよいとして、家の構造的な部分でやはり軒がしっかりあると大きな開口でも室内への太陽光が入りにくくて涼しさを保ちやすいのかもしれません。

         

        デザイン的に軒のない家がかっこいいように思えますが、軒にも意味があって、上述のように日射をコントロールしたり、風雨から家を守ってくれます。

         

         

        それにどんなに冷房をしてもガラス越しの日射って暑いんですよね・・・・

        太陽は本当お強いので軒でコントロールできたらベストハウスです。

        (お好みや予算の関係もあると思いますが、おすすめです)

         

        窓ガラスも日射性能や断熱性能のあるものを選ぶとよいと思います。

        【遮熱】窓サッシ選びも大切!?ざっくり説明回【断熱】

         

        昔からある伝統的な家の形にはちゃんと意味があって、役をしているんですね。伝統を踏襲して現代の技術と組み合わせて、より快適で居心地のいい住まいづくりをしましょう。古民家や土蔵を参考の一つにしてみてはいかがでしょうか。

         

        【お問い合わせ】

        フリーダイヤル 0120-70-2711

        または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

         

          お名前 (必須)
          郵便番号 (必須) (例:378-0045)
          住所 (必須)
          お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
          E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
          鞍城建設をどこで

          知りましたか?
          ご希望の連絡方法

          見学会参加希望
          資料請求希望
          無料相談希望
          ご質問・ご要望等

          確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。