TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

[11.13]もう霜が!?凍結防止対策の季節がやってきました。

投稿日:2020年11月13日

群馬県北部の沼田市。スタッフは比較的街中に住んでいるのですが

ここ何日かとうとう車のフロントに霜が降りてきました。

 

 

 

寒いですね。

 

 

今年は変な天気が多くて、冬も暖かい日がありますがなんやかんや寒いです。

朝晩の冷え込みや昼間の北風が冬の到来を感じさせます。

沼田は冬至の前に冬が来ます。

 

 

家もそろそろ冬支度。

 

毛布出して~

ストーブ出して~

こたつ出して~

 

毎度おなじみですが水道の凍結防止対策はできていますか?

寒冷地じゃなくても突然の寒波(おととしくらいにありましたね…)により

給水配管が凍結することがあります。

 

・深夜の冷え込む時間帯には蛇口をゆるめて流しっぱなしにする。

・凍結予防の水抜き栓があれば水抜きをする。

・自動湯張りや追い炊き機能の給湯器設置の場合は浴槽の循環器の上まで湯水貯めておく。

(凍結予防運転ができる状態にする)

・室温が0℃にならないようにする。

 

 

凍ってしまった場合は自然に溶けるのを待つ。

露出している配管であれば凍結部分に(蛇口とか)タオルをかぶせてぬるま湯をかける。

 

※お湯を直接かける。または、熱湯をかけたり直火を当てるのは

水道管が破裂する可能性があるのでやめてください。

 

保温ヒーターの電源を夏に抜いてしまってそのままで冬に凍結してしまった例もありますので

寒さが本格的になる前にご確認をお勧めします。

 

特に築年数の経った家や古いアパートなどは危険なので要チェックです。

住宅内の寒暖差によるヒートショックなどにも注意してください。

 

 

 

先日伺った、沼田市内のお施主様宅では暖かく過ごしていたけているようで安心しました。

天井(屋根)・壁・床の断熱材や断熱性能の高い窓サッシが効果を発揮しているようです。

(住宅の間取りや広さなども造りも関係してきます。)

 

—————————————————————————————————————————

 

群馬の沼田、前橋、高崎で自然素材の和モダン住宅を建てるなら鞍城建設へ。

断熱性能や調湿性能にこだわり、省エネで人と環境にやさしい住まいをご提案します。

注文住宅、平屋、リノベーション、二世帯住宅、数寄屋建築や土蔵リノベーションを

ご検討の方は無料相談会へお越しください。

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


     

     

     

    [10.13.]いい間取りって何なん!?それどーなん!?

    投稿日:2020年10月13日

    群馬県沼田市で自然素材の和モダン平屋をはじめ注文住宅、リフォーム工事をしている工務店、鞍城建設です!

     

    一昨年くらいに訪れた日光にあるイタリア大使館別荘記念公園の別荘がかなり気に入っているのでその間取りをご紹介します。

     

    そもそも、いい間取りというものが存在するのか、というところですがご家庭や暮らし方の数だけいい間取りがあるのではないかと思っています。

     

    もう間取りというか、空間?天井スペースも含め空間が住まい!

     

    でもそういってしまうとブログが進まないのでスタッフ個人的にいいなと思う間取り(=部屋割り?)をご紹介します。

     

    マネしたいな、というもので決してベストアンサーではありませんので要注意です。

    半分素人(建築士でも現場監督でもない)工務店勤務の一スタッフ目線でのご紹介です!

     

     

    ①部屋*部屋間の仕切り方!

     

    仕切り壁にクローゼットはよくあるのですが、更にその半分をデスクにするという技。

     

    この別荘では鏡台の役割で作成されているのか照明が壁についているだけですが、上部にスペースがあるので収納スペースも作れるし勉強机にもできそうです。

    子ども部屋の仕切りに応用できそうで個人的にかなり気に入っています。左のドアがクローゼットなのですがこれ引戸にしてもいいのかなとも思ったり。

    妄想が止まりませんね。

     

    ↑寝室①

     

     

    ↑寝室②

     

     

    ②居間とお座敷と廊下…

     

    昔ながらの田の字?不便そうな間取りなのかもしれないけどちょっとこれを見てほしいのです。

     

    同じくイタリア大使館以下略の1Fですが、訪れた後、この写真をよくよく見て何か懐かしい気持ちになりました。

     

     

    何かに…似ている….?

     

     

    そう。おばあちゃんの家にそっくり!

     

    おばあちゃんの家も右から庭があって縁側に掃き出し窓を付けたような廊下があって居間とお座敷があるという

    まさに写真のまんま。そのまんまなんですね。父方も母方もこんな感じです。違うのはお勝手の位置くらい。

     

    実際にはこの別荘は書斎・居間・食堂がワンルームになっているのですが、おばあちゃんの家も襖外せばおんなじですし・・・。(全然違うか?)

     

     

    でもワンルームな方のが現代の日本的ですね。

     

     

    この廊下(サンルームともいえる)がワンクッションあると夏のLDKは涼しいはず。

    LDKが南向きだと夏場は太陽光で部屋がまあまあ暑くなると思うので、昔ながらの縁側廊下があっても意外といいのかな?と思っています。

     

     

    蛇足ですが軒のこの仕上げおしゃれで好きです。

     

     

    最後にこちら

    ③休憩室という名のキッチン

     

    別荘の間取り図では休憩室となっている小部屋があります。

    おそらく使用人の方の休憩室だったはず。↓

     

     

     

    子どもさんがいらっしゃる家庭ではキッチンはオープンにしてLDが見渡せるようにしているのが現代です。

    でもでも、小さい平屋3LDKで育った身としてはこの休憩室がキッチンとするとすごいいいのかな?

    なんて思うんですね。「LDK」ワンルームが主流の昨今ですが、「DK」と「L」で分けたい!!

     

    ・子どもを見てたいならダイニングで勉強してもらえばいい

    ・来客時にキッチンを隠せる

    ・小部屋的になることで主婦or主夫の休憩室にもなるし書斎として兼用できる

     

    スタッフ的には超ナイスだと思っています。

    特に、「なるべく家族以外にキッチンに入ってほしくない」という方には結構おすすめです。

    ちゃんと仕切られることで出入りしにくい雰囲気がでます。

    逆に誰にでも開けた雰囲気にしたい場合はオープンにしたほうがいいと思います。

     

     

    以上、スタッフ的いい間取り特集でした。良しあしの参考のおひとつになればと思います。

    ------------------------------------------------------------------

     

     

    群馬の沼田、前橋、高崎で自然素材の和モダン住宅を建てるなら鞍城建設へ。

    断熱性能や調湿性能にこだわり、省エネで人と環境にやさしい住まいをご提案します。

    注文住宅、平屋、リノベーション、二世帯住宅、数寄屋建築や土蔵リノベーションを

    ご検討の方は無料相談会へお越しください。

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      [10.6]流木でインテリアづくり!?

      投稿日:2020年10月06日

      群馬で自然素材の和モダン平屋住宅、注文住宅の新築、リノベーションをする鞍城建設のスタッフブログです

       

      群馬県は沼田市を通る大きな川がございまして…

      まあ利根川なわけなのですが、流木ひろいをしてきました。

       

       

       

      川の中に入らずとも、川岸に転がっているのでサクサクっと拾ってこられます。

      いい感じに水分が抜けてます。

       

      まさに自然素材なのでこのままきれいにして何かインテリアを作ろうかと思っています。

      自然素材というか天然素材?家の雰囲気もありますが、木だからたいていのものに合うはず…!

       

       

       

      今回はとりあえず拾うだけ拾い集めたので次は製作作業をやる予定。

      仲間と一緒にPinterestなどで流木インテリアを調べ中です!!

      無難なところで額とか、吊るす系か。

       

       

       

      これから松ぼっくりやドングリもベストシーズンになってくるので

      そういった天然素材で家の飾りを作るってみてはいかがでしょうか??

      季節感やほっこりした感じが出て、暮らしを彩ってくれると思います。

       

       

      子どもさんはちょこっと山散歩や川沿い歩きで冒険気分も味わえるので楽しいと思います。

      山や川へ行く際はクマ、イノシシ、シカ、蛇など危険を持つ生き物もいるので十分注意をしてください。

       

       

      ———————————————————————————————————————————————-

      群馬の沼田、前橋、高崎で自然素材の和モダン住宅を建てるなら鞍城建設へ。

      断熱性能や調湿性能にこだわり、省エネで人と環境にやさしい住まいをご提案します。

      注文住宅、平屋、リノベーション、二世帯住宅、数寄屋建築や土蔵リノベーションを

      ご検討の方は無料相談会へお越しください。

       

      【お問い合わせ】

      フリーダイヤル 0120-70-2711

      または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

       

        お名前 (必須)
        郵便番号 (必須) (例:378-0045)
        住所 (必須)
        お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
        E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
        鞍城建設をどこで

        知りましたか?
        ご希望の連絡方法

        見学会参加希望
        資料請求希望
        無料相談希望
        ご質問・ご要望等

        確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。