TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【家づくり】家の素材を考える【それぞれの良さ】

投稿日:2022年11月14日

11月

 

今月頭に開催された予約制構造内覧会が無事に終わりました。

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

さて、先週は皆既月食+十かん夜でお月見イベントが満載でしたね。お天気も良く、お月見日和だったのではないでしょうか。皆さんはご覧になりましたか?

 

 

月が見えない日はそれはそれで美しい星空が観察できます。寒くなってくると空気が澄むのか、星がくっきりはっきり見えるのでこのほどよい冷え具合の時期は夜空の観察が楽しいですね。

 

家のこと

 

最近ブログに何を書けばいいかブログ迷子のスタッフですが、今回は家づくりから少し、、、

 

鞍城建設の家づくりでは自然素材由来のものを基本にしているので内装材はもちろん珪藻土の塗壁や和紙の壁紙をメインに設計しています。これは家の通気、調湿を大切にしているので、素材も家が呼吸できるものを使っていただきたいという思いがあります。

 

自然由来の素材って本当に肌触りもいいし、不思議と空間が心地よいものになるんです。空気がいいというか、、、とにかくおすすめなんです。

 

でも!!!!

 

いいんだけど、でも!と思うことしばしば。

というのもカラーバリエーションが低価格帯でもっとたくさんあったらなと思うんです。

ビニールクロスはバリエーションありすぎて逆に悩んでしまいますが、様々な組み合わせができるのがいいところです。機能性も豊かで抗菌性能など備えているものもあるのが魅力的。

 

 

比較検討

 

正直好みどういった機能を求めているかで選択が変わってくると思うので、絶対にどの素材がいいと申し上げられないんです。それぞれのメリット・デメリットがあります。

 

 

珪藻土

お客様のお宅など伺うと珪藻土は風合いがよく、落ち着いた質感でちょっと高級感もある気がします。空気は浄化されているのか(?)生活臭が少ないと思います。

 

和紙クロス

自然素材なので経年変化(美化)で時間がたった時に味わいが出ます。他にはないマットな質感もあるのが魅力的。染みの原因になるので濡れ拭できないところが弱点。

 

ビニールクロス

豊富な色柄バリエーションは他にはない魅力。機能性も様々です。何も気にせず水拭きもしていただけます。貼りたてはビニールのにおいがちょっときつめです。基本通気しないので湿気ている空間で換気がちゃんとできていないと内部(クロスと壁の間)からカビゴンになることも。

 

不織布クロス

圧倒的マイナークロス。DIYがお好きな方がご自分で購入して使っているイメージです。水ぶきができるのがいいところ。輸入品が多いようです。

WALPAというサイトが多くのメーカーを扱っていますね。見るだけでも楽しいです。

先日訪れたお店の壁紙がとても素敵でした。たぶんモリスだった気がします。

 

 

使用感

 

我が家ではリフォームで和紙クロスとビニールクロス、不織布クロスにした部屋がそれぞれあります。塗壁の部屋は残念ながらないのですが、まあそれぞれ一長一短かなと。

 

6年目くらいですが

・ビニールクロス…剥がれや亀裂が出てきました。

・和紙クロス…今のところ問題なしです。虫をつぶした跡が染みなって残っているのが悲しいです。

・不織布クロス…こちらも問題なしです。塗装タイプの不織布を使っていますが貼って剥がせるソフト粘着剤を遣ったら塗料面が剥がれました。

 

雑にご紹介しましたが、それぞれ予算や性能、デザインなどご自身の家づくり、部屋の用途に合った素材を建築士やコーディネーターと相談しながら選んでいただければと思います。

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


    【上棟式】気持ちを込めて家づくり【餅投げ】

    投稿日:2022年09月28日

    本日は上棟式

     

    本日は呼吸する木の家新築住宅の上棟式でした。

    つつがなく、大工の棟梁を中心に式を進行、無事に執り行うことができました。

    鞍城建設スタッフ、職人一同よりいっそう、気持ちを込めて完成まで進んでいきたいと思います。

     

    今回は平屋です!

     

     

    それぞれの上棟スタイル

    ひと昔前は餅投げをすることが多く、スタッフも幼少期に度々お菓子やらお餅を拾いにいきました。時々小銭が降ってくることもあり、5円でも子供には大金(笑)。拾った小銭を大事に貯金箱へ入れたのを思い出します。

    手を踏まれたり、もみくちゃになったのも今ではいい思い出。

     

     

    最近では街中で新築を目にすることはあれど、めっきりお餅投げシーンを見なくなりました。スタッフが家づくりに携わり始めて10年ちかく経ちますが、友人や近隣を招いての餅投げは1~2回、あったか無いかくらいです。

    昨今では基本的に式のみ。ご希望される場合にのみ餅投げを行っています。

     

     

    餅投げ

    そもそも、餅投げってなんでやるんだろう?という話ですが、いろいろ調べると神事の一つで、災いを祓う儀式が元のようです。

     

    餅投げはしないけど、お供え物としてお餅をご用意いただくこともあります。

     

     

     

    角餅(四方餅)

    家の四角から投げます。

    人を招いての餅投げはせず、角餅だけ投げることも。

     

    こちらは以前、子どもさんのお友達を招いて楽しく投げ餅・投げお菓子をしたいというお施主様の上棟式のお写真。

    この時は子どもさんたちみんな仲良く声を上げて走り回って、とても素敵な餅投げだったと思います。後でお菓子を交換したり本当に楽しそうでした。

     

    気持ちを大切に

    形式的なことも必要ですが、なによりお施主様の気持ちを大切にした式を行うことが個人的にはよいと思います。

    しっかり目にやるもよし、あっさりするのも良し。です!

    上棟式はこれから頑張る職人さんをねぎらう意味があります。お施主様の多くは、ねぎらいを十分にしたいという気持ちで臨んでくださる方が多く、感謝ばかりです。

    もちろん、何もなくても仕事の手は抜きませんが、お施主様からの応援や感謝のお言葉をいただけるととても励みになります。

    これから、上棟式があるよ~という方はぜひ、上棟式後の挨拶の機会があれば一言でもいいので、声をかけてみてください^^

     

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


       

       

      【防災】備えはできていますか?【記念日】

      投稿日:2022年05月24日

      防災グッズの定期確認

       

      先日、我が家の片づけをしていたら賞味期限切れの非常食が出てきました。

       

      メインステイのエマージェンシーフードです。

       

       

      A4サイズで厚みは15㎜くらいだったと思うんですけど、重量感がありました。密度をみつみつにしてエナジーを詰め込んでるだろうかって感じでした。

      9つの四角いビスケットが入っているのですが、1つあたり400kcalらしいです。

       

      賞味期限や使用期限が切れる前に、確認して非常食や水、簡易トイレや救急箱などの防災グッズの定期確認が必要です。

       

       

      非常食の試食

       

      賞味期限が切れても真空パックの乾物ならいけるだろうという方針の我が家。

      せっかくなので、未知の非常食で朝食に。

       

      中身はこんな感じです。↓

       

       

      カロリーメイトぽい感じでサクッとおいしく食べられるかな~なんておもいますでしょ??

       

       

      スタッフはそう思って口を付けたわけですが、、、、

       

       

      油、、、??がちがちの油粉!?!?!?

       

      ってかんじであまりのおいしくなさにびっくりしました。今年一おいしくない食べ物です。相当飢餓状態じゃないと食べる気持ちになれないタイプの非常食でした。

       

      油の味しかしませんでした。

      賞味期限切れてなくても多分おいしくないと思います。

       

      ただ、ビタミンなどは栄養も色々含まれているので、本当に非常食としては優秀なのかもしれません。いざ食べるものが無くなった時にはこういったパワー系の非常食がかなり役に立つことでしょう。

       

      防災を考える

      防災といえば9月の防災の日がありますが、それ以外にも防災関連の記念日って結構あるんです。6月でいうと

      6月1日~30日 ・・・土砂災害防止月間
      6月1日~7日 ・・・がけ崩れ防災週間  
      6月の第2週の1週間 ・・・危険物安全週間

       

      と、このように、細かく防災週間が定められています。

      ちなみに8月30日~9月5日は建築物防災週間です。

       

      年1回といわず、防災について考えましょう。

       

      地域と防災

       

      家を建てるときにはその地域のハザードマップを必ず確認しましょう。

      自然の驚異を前に何があっても「絶対に安心」と断言できる場所はないと思いますが、災害が起きにくい場所、災害が起きやすい場所というのは確認することができます。

       

      また、地域の避難場所を確認しておきましょう。近年は自治体のHPなどで確認が簡単にできることが多いです。

      沼田市防災マップデジタル版がHPから確認できます。市内の状況や防災関連のお役立ち情報も満載なので、活用してみてください。

       

      ご自宅付近の避難場所や避難経路は確認されていますか?

      お子さんや年配の方が一人でも避難場所に行けるように確認していますか?

       

      「何か」が起こる前に、もう一度、いろいろ確認しておきましょう。

       

      【お問い合わせ】

      フリーダイヤル 0120-70-2711

      または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

       

        お名前 (必須)
        郵便番号 (必須) (例:378-0045)
        住所 (必須)
        お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
        E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
        鞍城建設をどこで

        知りましたか?
        ご希望の連絡方法

        見学会参加希望
        資料請求希望
        無料相談希望
        ご質問・ご要望等

        確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


        【4/2(土)、3(日)】長期優良住宅の完成内覧会【予約受付中】

        投稿日:2022年03月25日

        無垢材をふんだんに使用した長期優良住宅の完成内覧会を開催します。

         

        無垢フローリングなどの自然素材や造作建具、腰壁に興味のある方は必見です。お昼寝したくなるLDKの小上り畳やワークスペース、充実した収納など、心地よさと機能、性能をかねそなえたすまいとなっています。

         

         

        日時

        令和4年4月2日(土)・3日(日)

        9:00~16:00

         

        場所 

        沼田市材木町 地内

        鞍城建設から徒歩1分です!駐車場に鞍城建設をご利用ください。

         

        会場案内図

         

         

        予約

        電話かメールで「内覧会の予約がしたいんだけど・・・」と言ってください。

        予約をしていただいた方がしっかりとご覧いただけます。

         

        おねがい

        • 感染症の予防、拡散防止対策へのご協力をお願いしております。マスクの着用、入場前には手指消毒および検温を必ず実施してください。
        • モデルハウスではなく、お客様の大切な家を会場として使わせていただます。こちらでご用意する使い捨て手袋、使い捨て靴下を必ずご着用ください。

         

         

        内覧イメージ

         

        【お問い合わせ】

        フリーダイヤル 0120-70-2711

        または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

         

          お名前 (必須)
          郵便番号 (必須) (例:378-0045)
          住所 (必須)
          お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
          E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
          鞍城建設をどこで

          知りましたか?
          ご希望の連絡方法

          見学会参加希望
          資料請求希望
          無料相談希望
          ご質問・ご要望等

          確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


           

           

           

          【パース】平面図で家のイメージがわかない【家づくり】

          投稿日:2022年02月18日

          くらしのイメージ湧きますか?

           

          家づくりの時間取りを考えますが、まずは平面図からプランしますよね。玄関はこうして~こっちから入り~水廻りは固めて、LDKの関係性はこうで、、、とやりますよね。

           

          それをもとに立面図を作って外観が何となくわかってくるのですが、実際平面図と立面図だけって分からなくないですか??????????

           

          平面図からそこでクラスイメージ全然湧かないんですよね。

           

          鞍城建設で家づくりに携わるようになってから図面でみるのと実際完成された家に行くのとではまるで、空間感覚がちがうのに驚きました。(個人差はあると思うのですが)

           

          錯覚こわっ

          図面でみると広い気がするけど、実際その場に立つと「あ、こんなもんなの?」となることしばしば。

           

          決してその家が狭いわけではなく、図面からの勝手創造との差にやられているんですね。雑誌やWEBでひろった住宅の施工写真などを参考に間取りをイメージしているとさらにイメージ差がでると個人的に思っています。

           

          基本的に、施工写真ってプロが撮影していたり、プロじゃなくても一眼レフや広角レンズなどを使って撮影しているので、とても広く、立派に見えるんですよね。すごい奥行きのある、リッチな空間にみえるのに実際は8畳みたいな。

           

          広々とした空間を創造してたのにいざ建ったらこの狭さ!?となる可能性もはらんでますよね、、、こわい、、、

           

          私は空間把握能力が低いせいか、図面と実際の感覚差になかなか慣れず大変でした。

           

          じゃあどうすればいいんだいって話ですよね。

          じゃあどうやって感覚を身に着けたのか?というと

           

          ①とりあえず巻き尺

          気になったらとにかく寸法を測ってものの大きさを把握、自分の手を開いた時が18㎝だからこれは大体こんなもんか、肩幅54㎝だからこの廊下は、、、狭いな。とか考えることで物の大きさ感覚が見についてきます。(これについてはまだまだ修行中)

           

           

          ②モデルハウスとかに行く

          いろんな家に行って図面と実際を見比べます。これで分かったのは、間取り図の書き方でも感じ方が変わるなということです。(スタッフ調べのため人によってはそうでもないかも…)

          べた塗の間取り図は実際よりもこじんまりしている気がします。

          逆に白塗の間取り図だと実際よりも広いような、、

           

          あとはその時の間取り図のサイズで小さいと狭く、大きいと広く錯覚している気がしました。(スタッフだけでしょうか、、、笑?)

           

          現在はコロナ禍でフラッと行けなくなってしまったのが残念です。

           

           

          ③パースを見る。描く

          内観パースを描くようになってから天井の高さや建具や壁の感覚が図面から読み取りやすくなってきました。これが一番効果大きいと思います。

           

          とはいうものの、外観パースなどはいまだに難しいです。

          図面が読めていない故なのか、センスがないだけなのか、、、

           

           

          お客様にも内観パースがあるとわかりやすいと喜んでいただけて、自分でもイメージの助けになるし、内装決めるときに使えるし、訓練になるので一石二鳥です。

           

          平面図も人や家具を入れると実際の通路が見えてくるのでおすすめです。

           

           

          和室。まあまあ良くできているのではないでしょうか!?

          下が実際の和室です。広角レンズで撮影したので横に広い感じが若干ありますね。窓は完全に書き忘れています。

           

           

          おわりに

          あくまで個人の感覚とやり方なので必ずしも誰もがこれで空間把握能力が向上したり、身につくわけではないと思います。実際スタッフもまだまだ修行中です。

           

          家づくりの一助にはなるかなと思うので、参考にしてみてください。

          身近なモノの寸法を測るなどはすぐにでもできるので、家づくりをされている方はぜひ実践してみてください^^

           

           

           

          【お問い合わせ】

          フリーダイヤル 0120-70-2711

          または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

           

            お名前 (必須)
            郵便番号 (必須) (例:378-0045)
            住所 (必須)
            お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
            E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
            鞍城建設をどこで

            知りましたか?
            ご希望の連絡方法

            見学会参加希望
            資料請求希望
            無料相談希望
            ご質問・ご要望等

            確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。