TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【雨漏り】梅雨どき要注意!あなたの住まいは大丈夫!?【点検補修】 

投稿日:2021年07月13日

梅雨どきのお問合せで多いのが「雨漏り」

 

少しの雨だとわからないのが、梅雨の雨振りで発覚することの多い困りごとの一つです。雨漏りは屋根だけでなく壁や雨樋などが原因にもなります。

 

 

 

雨漏りの原因となる部分

〇屋根

・瓦のずれ、割れ、鉄板の緩みなど屋根葺材の損傷

・1階屋根と2階外壁が取り合う部分の雨仕舞の不具合

〇壁

・モルタル塗装の割れなど外壁の損傷

・サイディング継ぎ目のシーリング不良など

・水切、雨押えの不具合

・開口部まわりのシーリング不良

〇樋

・つまりによる軒どいの溢水

・雨どいつかみ金具の取付部のシーリング不良

 

※引用:住まいの管理手帳(発行:一般社団法人住宅金融普及協会)

 

雨漏りの原因はこんなにあるんですね・・・・・・!

 

 

じゃあ早速点検するか!と行きたいところですが、ひとまずもう梅雨になってしまったので、梅雨明けまで待ちましょう。下から目視で確認できるガタつきなどがないか確認してください。屋根に上る作業は大変危険なので補修や調査はプロにお任せください。

 

すでに雨漏りしている方は、応急処置や雨漏り原因箇所の特定ができることもあるのでご連絡ください^^

 

 

本当は梅雨前に書けばよかったんですけど、梅雨になるまで思いつきもせず……

ブログ内容の段取りが悪くてすみません…💦💦

 

来年こそは梅雨前に要注意インフォメーションを出せたらと思います!

お困りごとがありましたらいつでもお気軽にご相談ください。

 

それではまた。

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


    【家づくり】省エネ住宅への道①【断熱】

    投稿日:2021年06月17日

    今年の4月から省エネ法の改正が施工され、住宅を建てる際に建築士から、建築主へ省エネ性能に関する説明をすることが義務となりました。

     

     

     

    2021年夏号のDMでもその内容をざっくり説明しています。

     

     

     

    住宅を新築する際に、まず

    ○省エネ住宅について説明をします。

    省エネ基準にするためにどんな家づくりにするかなど、ご説明します。

    建築主にも省エネ基準に適合するように努力する義務が課せられています。

     

    ※建築主が説明を希望しない場合:その旨の意思表示をした場合、建築士からの説明は行われません。

     

     

    つぎに

    ○省エネ基準への適否を計算します。

    家づくりのプランを決めていき、大体決まったら、省エネ基準に適合しているかを確認するために外皮性能やエネルギー消費量を計算します。

    適否を確認するためには間取りや内部建具、設備、照明器具なども関係してきます。この辺りは性能表など確認して、省エネ基準に適合しやすいものを選んでいく必要があります。まずは建築を依頼する工務店などにお任せしてみるのも一つです。

    適合を気にしない場合は気に入った設備などでまずは計算してもらうのもいいと思います。

     

     

     

    それから

    ○計算結果を説明します。

    省エネ基準に適合しているか、していないかに加え、一度決定したプランがどの程度の省エネ性能を持った住宅なのかを建築士から説明します。

     

    適合していればOK。適合していない場合は適合するように性能を上げていくか、そのままでいいかを一緒に考えていきましょう。

     

    最後に

    ○方向性を決めます。

    省エネ基準に適合させるためには家そのものの性能や設備の性能を上げる必要があります。おのずと、コストも上がります。

     

    予算ありきの家づくり。あまりに予算をオーバーしてしまうなら考え物です。

     

    しかし、省エネ住宅で日々の光熱費は基本的に減少します。(電気を食う設備を使うと省エネじゃない家と変わらない恐れがあります。)なので、少しプラスして適合するのなら、省エネ基準を満たす住宅を目指してみてはいかがでしょうか。

     

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      【施工例】パディベーカリー【沼田のパン屋】

      投稿日:2021年05月18日

      施工例を追加しました。

      だいぶ遅くなってしまいましたが、Soiさんのプロジェクトで施工をさせていただいた「沼田のパン屋さん併設住宅」の完成後の写真です。

       

      ↓↓ 詳しくはこちらのリンクから ↓↓

      【店舗併用住宅】沼田のパン屋併設住宅【Paddy Bakery】

      【ZEHビルダー】目標と実績を更新しました【2021年度】

      投稿日:2021年04月26日

      2020年度の実績と2025年度に向けての目標を更新しました!

      2030年度までに新築住宅の平均で「ZEHの実現」という政策目標の設定をうけて鞍城建設でも目標を下記のように掲げました!

      鞍城建設では2025年度までにZEH普及目標50%以上を目指します。

       

      クリックすると拡大します。↑

       

      ※スペックページにはまだ反映されていません。

      反映しました!(2021.4.27修正)

       

       

      ひとりひとりが少しでもエネルギーのことを考えるだけでトータルすれば大きな変化になると思います。家づくりの際にもエコや省エネのことなど少しでもいいので心にとめてみてください。

      【電気記念日】電気と暮らしと省エネ【3/25】

      投稿日:2021年03月25日

      本日は電気記念日。明治11年(1878)3月25日に初めて電灯の点灯に成功したことから昭和2年(1927)に制定されたそうです。ちなみに、日本で実際に家庭向けの配電が開始されたのは明治20年(1887)同じく3月25日のことだったとか。

       

       

      今や電気は家庭に欠かせない要素の一つとなっていますが、近年では住宅で使うエネルギーの見直しがもとめられており、オフグリッドなんて言う言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか。

       

      よほど思い切らないと今の日本でオフグリッドなくらしは難しいと思います。しかし、ゼロエネ住宅しかり、長期優良住宅、認定低炭素住宅しかり、「永く使える」「住宅から出るエネルギーを削減する」「CO2排出量の少ない家づくり」「創エネ」といった極力エネルギーを使わない資源を大切に暮らそうという頼永の流れをそこはかとなく感じているこの頃です。

       

      太陽光発電や蓄電池もそうですが、自然の通気や光を取り込む設計、木のぬくもりを感じる住まいづくり、断熱をしっかりした家にして冷暖房の利用時間を減らす。というびに省エネへの取り組みの一つです。

       

      また暮らしの中でできることは

      ・早く寝て電気を使う時間を減らす。

       

      ・人がいない部屋の電気はこまめに消灯する。

       

      ・冷暖房器具を見直す。使い方の工夫をする。

      (サーキュレーターを併用する。省エネ性能の高いものに変えるなど)

       

      ・冷蔵庫は整理整頓して開放時間を短縮する。

       

      ・掃除機の日とクイックルワイパーorコロコロの日で分けて掃除する。

       

       

       

      本当にちょっとしたことでも毎日の積み重ねで光熱費はもちろん、エネルギー使用量も変わってくるのではないでしょうか。電気の日なので電気について考えてみました。これからも電気は大切に使っていきましょう。