TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【施工例】木材コーディネーターの銘木の使い方【和モダン】

投稿日:2021年04月15日

施工例を更新しました。

新建新聞社「和モダン住宅」にも掲載された家です。県産材から倉庫で熟成された銘木材まで、ふんだんに木材が使われている住宅です。

 

自然素材の木の家は多いですが、木目や材料の色味を活かした「木のコーディネート」は鞍城建設ならではの個性を表現できていると思います。ちょっと贅沢な“木”の利いた空間です。光と風と木と…調和されたすまいをお楽しみください。

 

木材コーディネーター・・・この表現初めて使ってみました。笑

 

【素材を活かす】和モダン住宅商和通りの家【造作】

 

 

[3.8]国際女性デー!住まいと暮らしと女性に想いをよせてみた

投稿日:2021年03月08日

本日は国際女性デー。アメリカで参政権のない女性たちが労働条件の改善を要求してデモを起こしたことをきっかけに国際社会主義者会議で【女性の政治的自由と平等のためにたたかう】記念日を提唱。その後国連が国際女性デーと定めたそうです。

国によっては公式な祝日として制定しています。これで行くと日本ではあまり周知されていないような…..?私があまり意識していなかっただけでしょうか。

 

働く現場においてはまだまだ女性の地位は向上の余地があるように思います。

 

家づくりもかつては旦那さんが主となっていた時代があるかと思いますが、もはや家づくりは女性の力の見せどころ。特にいまだに女性が家事をする割合が多いのもありますが、キッチンや収納については女性のご意見が的を得ていることも多く、主となって打合せに臨んでくださることがおおいです。

 

 

いまだ建築家は男性の方が多いと思いますが、暮らしを作っていくという面では女性の存在が大きく影響していると思います。

2020年にもなって女性だ男性だというのもナンセンスなのかもしれませんが、やはり、男性と女性で基本的には違った性質を持っているので向き不向きはあります。

個人差は置いておくとして。

 

家族のことをよく見ていたり、細やかなことに気づいたり、生活を向上させよう、快適に暮らそうという気持ちが比較的女性の方が大きい気がします。

季節ごとにインテリアを変えたり、各部屋のコーディネートを考えてくれたり。自分が好きなこだわりの物だけではなく、おもてなしの気持ちでお花を飾ったり、小物を飾ったりしてくれているのではないでしょうか。

 

なんかよくまとまりませんが、ふと女性デーと聞いて暮らしの中の女性の活躍について考えてみました。働く旦那さんはぜひ家に帰ったら奥さんがどんなことをしてくれているか、それで家に彩られているなあなど目を配ってみてください!

 

群馬の沼田、前橋、高崎で自然素材の和モダン住宅を建てるなら鞍城建設へ。

シンプルなつくりで断熱性能や調湿性能にこだわり、省エネで人と環境にやさしい住まいをご提案します。

注文住宅、平屋、リノベーション、二世帯住宅、数寄屋建築や土蔵リノベーションを

ご検討の方は無料相談会へお越しください。

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


    [3.3]今日は楽しいひな祭り

    投稿日:2021年03月03日

    本日はひな祭りですね!

    皆さんおうちで何かお祝いなどはしますか?スタッフのように家に小さい女の子がいない場合でもチラシ寿司などいつもより少し豪華にして季節行事的に食事を楽しむのもいいのではないでしょうか。

    ところで女の子がいらっしゃる皆さんはひな人形の飾るスペースってどうされていますか?

    昔のように何段もあるものは空き部屋がないとさすがに難しいかと思いますが1~2段ならば飾り棚スペースやカウンターの空きスペースに置くこともできますね。棚置き用のかわいらしいものもあるし、子どもが手作りしたひな人形などを飾っても思い出になっていいですよね^^

    おばあちゃんの家など昔の家はお座敷や客間用の和室があったのでそういったところに置いていたような気もします。

     

    最近は和室自体が減ってきていますが、若い方で畳が欲しいというお客様もいらっしゃいます。「コテコテの和室はやだな~」と和室=古い、野暮ったいというイメージを持たれている方はぜひ鞍城建設の施工例をご覧ください。

    スッキリと見える意匠にすることもできますのでご検討されている方はご相談いただければと思います。施工例もぜひ参考にしてください。

    伝統的な本当に良いものって現代においても新しいというかモダンでおしゃれなんです!実は昔のデザインからヒントを得ていることもあるんですよ。

    洗練された和室。一見シンプルですが伝統技術を取り入れており、細部にこだわりが詰まっています。

     

    群馬の沼田、前橋、高崎で自然素材の和モダン住宅を建てるなら鞍城建設へ。

     

    断熱性能や調湿性能にこだわり、省エネで人と環境にやさしい住まいをご提案します。注文住宅、平屋、リノベーション、二世帯住宅、数寄屋建築や土蔵リノベーションをご検討の方は無料相談会へお越しください。

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      [2.22]猫と暮らす

      投稿日:2021年02月22日

      今日は猫の日だそうです。2が3つでにゃんにゃんにゃんだそうです。おもしろいですね。猫の日だから何をするというわけではありませんが、今回は猫との暮らしについて少し考えてみたいと思います。

      最近はペットと暮らす家の特集があったり、1年半前くらいにCasaBRUTUSでも「猫と家。」で特集していましたね。昨年は猫村さんがドラマ化されたり(これはちょっと違うか…) とにかく、暮らしの中に動物がいる生活について考える機会が多いような気がします。

       

      快適な家

      弊社HPはもちろん、ブログでもたびたびお伝えするのが「快適な家」について。これはその家で暮らす「人」を対象に説明しています。もちろん断熱性能や調湿性能といった家の構造、仕組み自体は「人間」にとって快適ならだいたい猫にも悪いわけはないと思います。同じ恒温動物だし、、、

      しかし、内装材や間取りとなってくるとどうでしょうか?

      人間にとっても、一緒に暮らす猫にとっても快適な、居心地のいい家ってどんな家なのでしょうか。

       

      具体的に考えてみる

      動物と一緒に暮らしている方の住宅に携わる際に、よく質問されるのが床材です。犬や猫が滑らないか、体の負担にならないかを心配されるお施主様が多いです。壁紙も傷の心配や室内環境の衛生面で抗菌壁紙を希望される場合もあります。猫の習慣や安全性をふまえて考えてみたいと思います。

       

      床材

      弊社では基本的に杉のフローリングをお勧めしています。杉は柔らかいので体の負担が少なく、さらりとした肌触りは汗ばむ夏でも気持ちいいのです。また低密度で断熱性能が高いので冬は足元の冷えが少ないのです。猫にも人にもよさそう。

      壁については爪とぎをどうすればよいかが課題となるかと思います。

      珪藻土壁は当然削れてしまいますが、水分を含ませればある程度は修復できます。和紙クロスやビニールクロスははがれてしまった箇所だけというのが難しいです。どちらにしてもその都度修復していくのではきりがないですよね。

      部分的に木材の腰壁や無垢の柱で爪とぎOKなスペースを作ってあげるのもいいかもしれません。無垢材なので傷ができても【傷み】というよりは【味わい】として刻まれていきます。

      猫の通り道

      そもそも、人にも便利な動線があるってことは猫にもあるのでは?と考えると家づくりの際にできることがいろいろ出てきそうです。

      ①キャットウォーク

      猫の猫による猫のための歩き道。高いところが大好きな猫には壁に段階的な飾り棚を作ることでさんぽ道にしたり、階段があればそれもいいですね。

      ②猫専用の出入り口

      人は通れないけど、猫は行けるスペースがあると嬉しいかも?なにせ彼らは狭いところ好き。気づくと隙間やなぜそこに!?というようなところに収まっています。壁の下の方に猫用のドアや隙間を作ってみてはいかがでしょうか。

      猫にも安心安全な家

      子どもも目が離せませんが、猫もいたずら好きだったり、人の家の危険を十分に理解していない時があります。

      ①キッチンをドアで区切る

      LDKが一空間として造られている家が多いですが、キッチンは危険がたくさん潜んでいます。プライベートの切り分けもできるしリビングと区切ってしまうのも手です。広がりや、明るさが心配な場合は室内窓を取り入れることもできます。

      ②コンセント

      幼児向けの事故防止器具で対応できます。コンセントカバー、プラグカバー、コンセントキャップなど用途に応じて使いわけてください。またコード類はなるべく手の届かない天井に固定しておくと、万が一触ってもいじりにくいです。子どが引っかかったりする心配も減ります。

      ③バスタブ

      お風呂は凍結防止で水を張ったままにしておくご家庭がほとんどだと思います。入れないようにしっかりドアを閉めておきましょう。引戸だとうっかり賢い子は開けちゃうかもしれないので開き戸の方がよいでしょう。(開き戸開けちゃう子もいるでしょうか?!)

      ④猫の部屋

      リビングなど目の届くところに猫の個室としてゲージを設置すれば安心です。掃除のときなど一時避難してもらったりできます。

      猫も人も心地よい空間に

      色々考えていくと猫だけに偏ること無さそうですが、やはり人も暮らしてこその猫の住む家となるので人にももちろん心地よい家にしていきましょう。

      [2.1]ぐんま 街・人・建築大賞 顕彰会 匠賞の受賞!!

      投稿日:2021年02月17日

      弊社で社寺建築を請け負う際に協力していただいている

      勾匠社寺建築の木匠 小野康博氏がぐんま 街・人・建築顕彰会で匠賞を受賞しました。推薦者として弊社からも社長とスタッフが1名授賞式で登壇してまいりました。

        

      (顕彰会関係者の三田村先生撮影)

       

      「ぐんま 街・人・建築顕彰会」とは群馬県内の建築関連団体を主体としていくつかの企業の協力で開催されている顕彰制度です。以下引用ですが

       

      ”ぐんまがこれからも豊かで、創造性あふれる永続的な発展を続けるために、ぐんまに係りのある優れたまちづくりや建築活動、またそこで貢献されている人々に焦点を当てmその取り組みを検証し県民の皆様に知っていただくことで、取り組みへの支援戸、群馬及びわが国の発展に寄与しようとすることを目的とした顕彰制度です。”

       

      応募書類から1次選考があり、二次審査では審査員の先生方が実際に訪れてくださり、活動の内容をご覧にり、小野さんの話を熱心に耳を傾けてくださいました。

      小野さんの2年前からの榛名神社神輿御造営をきっかけとして、全国で活躍する小野さんの活動をもっと群馬の方に知ってもらえたら、地元群馬で活躍の場が広がればいいなという思いから推薦しました。小野さんの今までの努力と実績が認められてこのような小野さんらしい「匠賞」を受賞できたことを推薦者としても本当にうれしく思います!!

      改めて小野さんおめでとうございます!そして今回の応募にあたり準備に携わってくださった皆様、栄えある賞をくださった審査員の皆様本当にありがとうございました。

      1部では第5回で賞を取った「高崎頼政太鼓」の皆さんによる和太鼓のショートコンサートでした。会場の中で聞く和太鼓は空気を揺るがし鼓動と熱量が体全身に伝わってきました。太鼓の律動と奏でる音にすっかりくらってしまいました。

       

      第2部で表彰と受賞者のプレゼンテーションが行われました。

       

      今回の受賞者は

      大賞:津久井工務店の津久井光一氏

      文化伝統賞;株式会社町田工業

      文化伝統賞:茂呂地区屋台囃子保存会連絡協議会

      まちづくり特別賞:東吾妻町

       の皆さんでした。

      プレゼンではそれぞれに伝統的なものをいかに現代文化の中に落し込み継承するか、今あるものを大切にし新しいものを入れ込むか、など素晴らしい活動をされている方々ばかりでした。

       

      小野さんは槍鉋(やりがんな)の実演や今までの実績などをプレゼン。

      来年は記念すべき10回目。開催規模も大きくする予定とのことでした。まちづくりや建築で活躍されている方が身近にいたらみなさんもぜひ推薦(自他推薦どちらでもOK)してみてくださいね。