TEL0120-70-2711

営業時間 8:00~18:00

【ぐんまの建築】白井屋ホテル散策【藤本壮介設計】

投稿日:2021年08月12日

皆さんは前橋市になる白井屋ホテルをご存じでしょうか。

 

歴史あるホテルでしたが、2008年に廃業、しばらく廃墟と化していたようですが、2020年12月にリニューアルしてアートの楽しめるホテルとして藤本壮介氏が新築、改修の設計をして復活しました。

 

ホテルのHPによると田中仁財団による地域活性化事業の一環として始まったそうです。私は2019年ころにホテル周辺がざわついているのに気づき、気になりすぎて2020年8月にオープン前に内覧会ないか試しに問合せメールをしてしまったほどです。

実施予定はないとのことだったので、オープンを待ったわけですが、何となく行くタイミングを逃しずっと行けずにいました。

 

ちなみに、私が気づいたのが一昨年くらいなだけで、このプロジェクト自体は2014年に始まっていたらしいです。県内のことなのに全然知らなくてお恥ずかし~ってかんじでした。

 

そして先月頭に満を持していざ出陣してまいりました。

 

大通りから見た白井屋ホテル

 

ここもすでにアートが始まっています。

 

設計は藤本氏ですが、そのほかに多くのアーティストが参加し作品がちりばめられています。詳しくは白井屋HPをご覧ください。

 

こちら↓が半屋外?で大通りの50号と商店街側の細道を繋ぎます。

植物たくさんで大好き空間です。

エントランス前

 

 

エントランスから食事ができる[the lounge]へ続きます。

いい塩梅に植物たちが目隠しとなりつつ、道標的に誘導してくれます。

 

 

階段を上ると各部屋につながります。ここは宿泊された方しか進むことができません。

この写真だとよくわかりませんが、コンクリートの梁とは別に独自に浮かぶ配管は以前の部屋をなぞっているとか、、、!ロマンあふれて素敵ですね。

 

著名な建築士の方が設計された建物って意識して訪れるのは初めてかもしれません。コロナが落ち着いたらいろんな建築物を訪れてみたいものです。

 

ちなみに弊社は工務店であり、一級建築士事務所でもあります。

あまり知られていないかもしれないのでここであえてお伝えしておきます。設計施工として家づくりをしています。

 

ランチは時間的に都合が悪かったのでモーニングタイムに席を予約。コーヒーだけで帰ろうかと思いましたがせっかくなので朝ごはんをもりもりいただいてきました。

 

量はやや多めで苦しかったですが、すっごいどれもおいしかったです。

おいしくないものはお皿上に存在しませんでした!!!うま~

次回はランチに行って、またアートなどもゆっくり堪能してきたいと思います。

 

 

 

 

 

【猛暑】涼しさを暮らしに【暑さ対策】

投稿日:2021年08月03日

暑くなりましね。日差しは強く、気温も高い、仕上げに湿度も高めと、日本特有の蒸し暑い日々が続いています。

 

冷房は必須。でもできるだけ省エネにも意識を向けたい。=冷房機能+αで室内、建物内を涼しくしていく方法を考えてみます。

 

 

植物

①観葉植物

観葉植物って夏でも触るとヒヤッとしてるんですよね、これたくさんあれば空気がきもーーーち涼しくなるのではないでしょうか。光合成の過程で熱を吸収してくれることが科学的にも言われています。

 

 

 

②グリーンカーテン

近年は夏になると各家庭で実施しているのをよく見かけます。沼田市でも以前グリーンカーテンようにゴーヤの苗だか種を配ったりしていましたね。植物の涼しさ効果に加えて、オーニングのように日差しを遮ってくれます。

 

 

③庭の木

庭に木陰を作る気があるとそれだけで涼しいですね。外遊びをしていても逃げ場があるのはいいことです。また、木々を通した風はとても涼しく気持ちがいいです。街を歩いていても、建物の影よりも木陰の方が涼しい気がしますよね。

 

 

 

内装

 

①遮熱カーテン

いまはほとんど標準仕様になっているのではないでしょうか?カーテンレースは遮熱機能があるものを採用しましょう。日は取り入れたいけど、熱はできる限り入れたくない場合の必須アイテムです。

 

 

 

②涼しい色のファブリック・インテリア小物など

これは気持ちの問題だけど、効果があります。色は自律神経や心理状態に影響があると言われています。ブルーや水色、緑などをソファカバーやベッドカバーなどで取り入れるといいでしょう。ひんやりするような素材感も大切です。

 

クチュールキヨラさんのつまみ細工作品

 

 

③ウォーターベッド

高価な買い物なので、すべての人にお勧めできません。でもかなり快適です。スタッフの祖父母が使っていましたが、ウォーターベッドは本当によい。と大変ほめていました。

詳しい方いらしたらぜひ効果のほどを教えてください!!

 

 

 

薄い壁、不十分な断熱材、断熱機能の低い窓サッシを採用しないこと。

これから家づくりをする方、リフォームを検討している方はこのポイントを押えておくことをお勧めします。熱の移動がしやすい建物は外の熱気を家に侵入させやすいです。

鞍城建設で家を作ったお客様の声で聞かせていただくのが、

「夏場もエアコン1台ですぐに涼しくなり、1日中もつので快適に過ごせる」

というお言葉です。これを体感していただけるのが鞍城建設としては大変うれしいことです。断熱性能を高くすることでエアコンを強くし過ぎることが少なく、体にも優しい点はおすすめポイントの一つ。

 

 

それぞれの暮らしに合った”涼”を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

まだまだ暑い日が続きそうです。熱中症に気を付けて過ごしましょう!!

 

【お問い合わせ】

フリーダイヤル 0120-70-2711

または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

    お名前 (必須)
    郵便番号 (必須) (例:378-0045)
    住所 (必須)
    お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
    E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
    鞍城建設をどこで

    知りましたか?
    ご希望の連絡方法

    見学会参加希望
    資料請求希望
    無料相談希望
    ご質問・ご要望等

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


     

    【施工例】平屋の小さな木の家【ほぼ、360°木!?】

    投稿日:2021年07月21日

     

    施工例を更新しました。

     

    平屋の小さな木の家です。家というか、母屋の敷地内にあるはなれです。

    外壁は板張り、内装も天壁床無垢板張りという木に囲まれた心地よい空間です。

    天井は構造が現しになっていて見応えがあります。

     

    土間スペースをたっぷりとっている空間づくりも面白いです。

     

    施工例はこちらからご覧ください↓↓

    【平屋】小さな木の家【光と風と木と…】

     

     

     

     

    【暑い夏】昔の家に学ぶ【涼しい家】

    投稿日:2021年07月19日

    梅雨が明けた途端にすっかり暑くなりました。暑すぎます。

    先月までは毛布を出して寝ていたり、長袖パーカーを着たり、一瞬ストーブを復活させたりしていたのがウソのようにあっという間に連日真夏日。日々冷房器具のお世話になっております。

     

     

     

    冷房器具といえば、先週親せき宅に伺ったのですが、そこでは冷房が使われていませんでした。あっちの窓とこっちの窓を開けておけば風が通って涼しいんだよ。とのことです。

     

     

    そういえば祖母の家も夏は網戸にしておくだけで涼やかに過ごせるなあと思いだしました。よく「この家は避暑地の別荘だね。」と言っているのですが、

     

    ①やたら広い

    ②2階があるので1階は太陽熱の影響が少ない

    ③自然光が少ない(軒深め)

    など涼しそうな特徴があります。(広いのは関係ないかも?笑)

     

    中之条町 国指定重要文化財冨沢家住宅

     

    養蚕農家はお蚕様のために調湿、調温の効く造りだそうです。なので夏は比較的涼しいです。現在冬は隙間だらけなので激寒です。囲炉裏があるとまた違うのかもしれません。

     

    3階建ての養蚕農家

     

    土壁というのもいい仕事をしているようで、それには土壁の熱容量だっだり、気化熱、また日射時間など様々な要素で室内環境を快適に保っているそうです。

    詳しくは丸谷博男先生によるコア東京WEBの連載記事「古民家から学ぶエコハウスの知恵」をご覧ください^^

     

     

    土壁とかは現代で難しいので十分な断熱でよいとして、家の構造的な部分でやはり軒がしっかりあると大きな開口でも室内への太陽光が入りにくくて涼しさを保ちやすいのかもしれません。

     

    デザイン的に軒のない家がかっこいいように思えますが、軒にも意味があって、上述のように日射をコントロールしたり、風雨から家を守ってくれます。

     

     

    それにどんなに冷房をしてもガラス越しの日射って暑いんですよね・・・・

    太陽は本当お強いので軒でコントロールできたらベストハウスです。

    (お好みや予算の関係もあると思いますが、おすすめです)

     

    窓ガラスも日射性能や断熱性能のあるものを選ぶとよいと思います。

    【遮熱】窓サッシ選びも大切!?ざっくり説明回【断熱】

     

    昔からある伝統的な家の形にはちゃんと意味があって、役をしているんですね。伝統を踏襲して現代の技術と組み合わせて、より快適で居心地のいい住まいづくりをしましょう。古民家や土蔵を参考の一つにしてみてはいかがでしょうか。

     

    【お問い合わせ】

    フリーダイヤル 0120-70-2711

    または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

     

      お名前 (必須)
      郵便番号 (必須) (例:378-0045)
      住所 (必須)
      お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
      E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
      鞍城建設をどこで

      知りましたか?
      ご希望の連絡方法

      見学会参加希望
      資料請求希望
      無料相談希望
      ご質問・ご要望等

      確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


      【雨漏り】梅雨どき要注意!あなたの住まいは大丈夫!?【点検補修】 

      投稿日:2021年07月13日

      梅雨どきのお問合せで多いのが「雨漏り」

       

      少しの雨だとわからないのが、梅雨の雨振りで発覚することの多い困りごとの一つです。雨漏りは屋根だけでなく壁や雨樋などが原因にもなります。

       

       

       

      雨漏りの原因となる部分

      〇屋根

      ・瓦のずれ、割れ、鉄板の緩みなど屋根葺材の損傷

      ・1階屋根と2階外壁が取り合う部分の雨仕舞の不具合

      〇壁

      ・モルタル塗装の割れなど外壁の損傷

      ・サイディング継ぎ目のシーリング不良など

      ・水切、雨押えの不具合

      ・開口部まわりのシーリング不良

      〇樋

      ・つまりによる軒どいの溢水

      ・雨どいつかみ金具の取付部のシーリング不良

       

      ※引用:住まいの管理手帳(発行:一般社団法人住宅金融普及協会)

       

      雨漏りの原因はこんなにあるんですね・・・・・・!

       

       

      じゃあ早速点検するか!と行きたいところですが、ひとまずもう梅雨になってしまったので、梅雨明けまで待ちましょう。下から目視で確認できるガタつきなどがないか確認してください。屋根に上る作業は大変危険なので補修や調査はプロにお任せください。

       

      すでに雨漏りしている方は、応急処置や雨漏り原因箇所の特定ができることもあるのでご連絡ください^^

       

       

      本当は梅雨前に書けばよかったんですけど、梅雨になるまで思いつきもせず……

      ブログ内容の段取りが悪くてすみません…💦💦

       

      来年こそは梅雨前に要注意インフォメーションを出せたらと思います!

      お困りごとがありましたらいつでもお気軽にご相談ください。

       

      それではまた。

       

      【お問い合わせ】

      フリーダイヤル 0120-70-2711

      または下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

       

        お名前 (必須)
        郵便番号 (必須) (例:378-0045)
        住所 (必須)
        お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
        E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
        鞍城建設をどこで

        知りましたか?
        ご希望の連絡方法

        見学会参加希望
        資料請求希望
        無料相談希望
        ご質問・ご要望等

        確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。