TEL0120-39-1326

営業時間 8:00~18:00

スペック仕様 スペック仕様

鞍城建設では、「良い家づくりは、良い素材選びから」と考え、厳選した建材を活用し、丁寧な施工を行っております。永く住み継いでいける、心地良い住環境を建築することを大切にしております。生涯コストを抑え、自然素材の経年美化を味わいながら、安心して暮らせる家づくりを行います。

1木材

軸組 鞍城建設は群馬県産の優良な木材を使用し、地産地消を行うことで地域との繋がりを大切にしています。杉や檜、米松は色が美しく香りが良いことに加え、耐久性にも優れています。また、杉は芯が強い一方で檜は柔軟性があり、米松は粘り強いという特徴があり、この特徴を活かし適材適所に使用します。このような木材を使用することで、自然の中で生きるということを実感して頂けます。
床材 無垢材は一本の原木から切りだし使用する自然素材です。保湿・防虫・消臭効果があり、一年中快適に暮らすことができることに加え、色や木目に美しさを持っています。寝転がってみた時こそ、その温もりや癒しを感じて頂けます。 また、柔らかく、断熱性・調湿性に富む杉を使用することにより、暮らしやすさも実現します。
木材

2塗壁材

珪藻土 珪藻土は植物性プランクトン由来の自然素材であり、「防火性」「防音性」「断熱性」「調湿性」「脱臭性」という様々な特徴を兼ね備えています。快適で住みやすい室内環境を提供してくれることに加え、ベニヤ板やボード(クロス下)の上からでも塗れるため、リフォームされる際にも適しています。
漆喰 漆喰は「住む人と同じように呼吸する」100%自然素材の壁材で家全体と自然との繋がりを感じて頂けます。日本の伝統的な壁仕上げ材であり、湿気をよく吸収し通気性に優れているため、快適な室内環境を提供するという特徴があります。またサイディングやクロスでは表現のできない健康的な空間を提供してくれます。耐久性・安全性も高いため、メンテナンスも簡単であり、10年、30年後の住まいを守り続けます。
塗壁材

3技法

在来工法 土台や柱、梁(はり)を木造で組み上げ、これを筋交いや金物で補強する工法です。柱や梁で支えているため、リフォームがしやすいという特徴があります。また、窓や出入り口などの開口部も大きく作れます。家とともにご家族が成長され、将来増改築を希望されたときに、スムーズに施工できる状況に整えておくこともわれわれ工務店の使命だと考えています。
技法

4断熱材

セルロースファイバー セルロースファイバーは古紙を利用した自然由来の断熱材です。その最大の特徴はその多機能性にあります。高い断熱性能を誇りながら、「防火性」「防音性」「防虫性」「調湿性」という様々な特徴を兼ね備えています。年間を通じていつでも快適な住環境を整えることで、「冬暖かく、夏涼しい」家を実現しています。また、高い性能がずっと保たれる特徴もあるため、永く安心した暮らしを実現できます。
断熱材

5サッシ

樹脂サッシ 樹脂サッシは高断熱性・高気密性を有します。せっかく「冬暖かく、夏涼しい」家を実現できてもサッシの性能が低ければ、快適な生活環境は守られません。そこで樹脂サッシを採用することにより、一年を通して快適な空間を保つことに加え、冷暖房による電気代を抑え、省エネにも繋がるというメリットがございます。
複層ガラス 複層ガラスを採用することによって、断熱性が高まるとともに、窓周辺部の結露を防ぎ、カビやダニの発生を防止します。また、樹脂サッシと組み合わせることによってさらに断熱性能を高め、より快適な住環境を実現します。
樹脂サッシ 複層ガラス。

6建具

銘木 銘木とは、材質が特に優れ、稀少性が高い天然木です。その銘木を建具に使用することで、家全体が高級感に溢れるとともに、木材の持つ温かみにより、自然の中で生活することを実感できます。また、自然素材独特の経年変化も味わって頂けます。
銘木

7浴室・トイレ

木を使った浴室・トイレ 浴室及びトイレにも自然素材である天然木を使用することにより、一人で過ごす空間を、まるで自然の中にいるかのようにゆったりと落ち着いて過ごして頂けます。
浴室・トイレ

8クロス

和紙クロス 和紙クロスは和紙、すなわち木材という自然素材由来のクロスです。そのため、ビニールクロスとは異なり、健康に害がなく、自然素材の温かみがあります。
通気クロス 湿気が多い日本において通気性を確保することにより、より快適な室内環境が生まれます。吸放湿性の高い下地と組み合わせることによって、より高い通気性を実現できます。
和紙クロス、通気クロス

9ZEH(ゼッチ)目標

ZEHビルダーとは ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略であり、「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のことです。経済産業省は、2016年(平成28年)4月「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。

ZEH 事業計画

鞍城建設は平成32年にZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
の普及率が50%以上になることを目標にしています
年度毎に今後の目標を立てました
受託率
平成28年度
平成29年度
平成30年度
平成31年度
平成32年度
ZEH
新築
10%
新築
15%
新築
20%
新築
25%
新築
30%
既築
0%
既築
0%
既築
0%
既築
0%
既築
0%
Nearly
ZEH
新築
0%
新築
0%
新築
5%
新築
10%
新築
10%
既築
0%
既築
5%
既築
5%
既築
5%
既築
10%
ZEH
シリーズ
合計
新築
10%
新築
15%
新築
25%
新築
35%
新築
40%
既築
0%
既築
5%
既築
5%
既築
5%
既築
10%
合計
10%
合計
20%
合計
30%
合計
40%
合計
50%
その他
新築
50%
新築
45%
新築
40%
新築
35%
新築
30%
既築
40%
既築
35%
既築
30%
既築
25%
既築
20%
合計
新築
60%
新築
60%
新築
65%
新築
70%
新築
70%
既築
40%
既築
40%
既築
35%
既築
30%
既築
30%
合計
100%
合計
100%
合計
100%
合計
100%
合計
100%
※新築はすべて注文住宅です
ZEH(ゼッチ)目標