TEL0120-39-1326

営業時間 8:00~18:00

すみかくらぶ撮影!~伝統とモダンのはざまで~

投稿日:2018年01月16日

みなさんこんにちは!ちょっとかっこよさそうなタイトルにしてみましたが、別段深い意味はありません。今回すみかくらぶの撮影でご協力いただいたお宅が伝統建築を活かしながら意匠的にはモダンを取り入れているのだよ、という内容を含ませていただきました。

 

この「モダン」という言葉が非常に厄介でして、、、「現代的な」という意味ですが和モダン、スタイリッシュモダンなど何かとモダンをプラスしたスタイルが住宅業界で使われており定義があいまいな気がします。調べるとモダンからさらにインターナショナルとかコンテンポラリーに発展していきキリがないので今回はとりあえずモダンの深追いはしません。

 

しいて言うならば、弊社で多いのは伝統建築に現代のスタイルを取り入れた家という意味では一般的に和モダン、モダン、和風、数奇屋建築の部類でしょうか。無垢材をふんだんに取り入れているところに焦点を当てればナチュラルモダンとも言えます。

 

さて、そんな弊社の出来立てほやほや昨年末にお引渡しした住宅の取材に行ってまいりました。

 

おなじみのすみか編集部担当者とライター、カメラマンのお三方に来ていただき外回りから撮影スタートです。

 

 

撮影しながら奥様にも取材を。聞き上手なライターさんでいつも感じの良い文章を書いてくれます。

 

 

こちらは引渡し前に撮影した内観です。キッチンとリビング兼ダイニングの畳は掘りごたつになっています。

撮影のために生活で使っているもろもろを移動したりとご迷惑おかけしましたが、お施主様のご協力で

スムーズな取材となりました。

 

できたばかりなのでまだ壁に釘などさせないからカレンダーなど吊るす場所が限られてしまう。と、奥様が

笑いながらおっしゃっていました。和室と違い長押などがないので余計に釘などが付けにくいかもしれませんね。

 

柱が見えない大壁づくりで窓の枠は「八掛収まり」になっているのですっきりと見えます。

(職人の手間がかかっていて見付けが細くなる収まりです。)

これが余計に壁に穴を開けにくくさせているのかもしれません、、、。

ちょっと不便かもしれませんがしばらくはきれいな壁を楽しんでいただけたらと思います^^

 

最後に社長の取材もあり、家の特徴など細かに説明や会社のことなどもお伝えしました。

 

 

上毛新聞すみかくらぶの掲載は2月15日予定ですのでぜひご覧ください。

※掲載予定日は訂正後のものです

必見!古民家再生 ~これが昔の家づくり!~

投稿日:2018年01月12日

みなさんこんにちは!年明けになると晴れが多く、日がのびてきたのも手伝って気持ちが明るくなります。

気温は相変わらずですがあと少しで暖かくなるという希望があるので余計にそうなのでしょう。

 

さて、先月末から古民家の改修プロジェクトが始まりました!

中々貴重な機会なので工事工程など現場監督のコメントを付けてご紹介していければと思います。

 

ひとまず既存のご紹介。

中古住宅を購入されたお客様からのご依頼。部分的に手が入っていますが

今回は屋根・壁や内部床など全体的に改修する予定です。解体前はこのような状態でした。

 

床を一部剥いだ状態

 

最近のよくある住宅とは基礎の形状が違います。この写真のようなものを独立基礎といい、石の上に柱が立っています。

昔の家はほとんどがこのようなものです。忍者のアニメで床下が出るときはこの写真と同じだったと思います。

現在は耐震基準が厳しくなりこのような基礎は新築ではおおよそ見かけません。

 

 

弊社では下のようなベタ基礎を採用しています。

 

今回監督が忙しいためいつものゆるい解説でお送りしましたが、次回からは特徴や工程、工法などについて

よりわかりやすく、専門家の説明を付けてお知らせできたらと思っています。次回をお楽しみに、、、!

 

————————————–*・。⌂・。*————————————————————————-*・。⌂*

 

家のことなんでも相談室にて無料相談会開催中!!

 

お名前 (必須)
郵便番号 (必須) (例:378-0045)
住所 (必須)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望の連絡方法

見学会参加希望
資料請求希望
無料相談希望
ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


 

やっぱり冬は薪ストーブが欲しくなる!

投稿日:2017年12月26日

みなさんこんにちは!雨のような雪のような霙のようなとにかく寒いこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか。早いもので今年もあと残すところ5日となりました。

年末のご予定はばっちりでしょうか?スタッフは恐ろしいほど寒い(固まったオリーブオイルが昼夜問わず溶けない程度の)部屋から避難すべく

大きな炬燵を擁する祖母宅で年末年始を過ごす予定です。とはいっても昔のつくりなので隙間風は当り前の祖母宅、こたつ以外は、特にお勝手は冷え冷えです。

そこでこの冬欲しいのがこれ!薪ストーブ!!

 

 

 

もっとこう、空間全体があったまるような、火の元がほしい、、、そんなあなたのための薪ストーブ。

 

憧れつつもちょっと色々どうなのかと思っていたまきストーですが、この間連れられて行った薪ストーブ専門店、

渋川市のFIRE WORLDさんで薪ストーブの威力と魅力を味わってまいりました。

 

まず全体的に暖かくなる、そしてなんとこれ完全燃焼するので炭が出ない。煙突は2重になっているのでちょこっと触れた

だけならやけどしないし何より保温効果が高まるというという優れもの。

    

 

ゆらぐ炎を見ながらまったりお茶をいただきストーブのレクチャーを受けてきました。

半分くらい頭に入って今すでにまたその半分が抜けかかっていますが、身を以て感じたストーブの魅力は抜けません。

こちらは専門でやっているのでメンテナンスまで丁寧に面倒を見てくださるし何より説明が詳しく説得力があります。

 

ストーブの種類によってはピザを焼いたりダッチオーブンを楽しめたりするそうな。

色々な形がありました。↓↓

 

ご希望があれば予約して薪ストーブ体験もできます。お電話で「薪ストーブの体験がしたい」とお伝えください。担当がご案内いたします。

 

フリーダイヤル 0120-39-1326

 

もしくはメールでのお問い合わせもお待ちしております。

 

お名前 (必須)
郵便番号 (必須) (例:378-0045)
住所 (必須)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
E-mail (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望の連絡方法

見学会参加希望
資料請求希望
無料相談希望
ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。