TEL0120-39-1326

営業時間 8:00~18:00

5つの基本作法 5つの基本作法

鞍城建設では、世代を超えて愛される建築を実現するために、5つの基本作法に沿って設計・施工を行っております。
「居心地の良い暮らしが、永く続く住まい」であるようにと考え、建築と向き合っております。

1伝統技術と現代デザインの融合

鞍城建設では、古くから日本で発展してきた伝統的な木造軸組構法で建築を行っています。日本の歴史的建築物の中には築1000年を超えるような木造建築物もあります。こういった伝統的な技術を生かし、木造数奇屋建築や社寺建築も手がけております。伝統技術を継承しながらも、現代デザインにも目を向けています。「和風モダン」といった外観デザインはもちろんのこと、「現代の暮らし方」を配慮した設計を心がけています。伝統技術と現代デザインを融合することで世代を超えて愛される建築を目指しています。
伝統技術と現代デザインの融合

2光・風・熱の移動を考えた設計

設計をする際には、土地環境を考慮し、光・風・熱の出入りを考えた設計をしていきます。暮らしを考えた光の取り込み方、風の入りと抜けを考えた間取り、冬暖かく夏涼しい熱環境など、心地よい暮らしがおくれるように設計をしています。基本設計において光・風・熱に配慮することで、いつまでも「居心地の良い住まい」を実現します。
光・風・熱の移動を考えた設計

3素材・性能にもこだわります

住宅を建築する素材は、居心地の良い空間の原点です。無垢材のフローリングや、塗り壁、セルロースファイバー断熱材など、お施主様のご要望をお聞きしながら自然素材を取り入れた建築を行っております。自然素材は、呼吸することで住空間を心地よく保ち、湿度や温度を調整してくれます。「夏涼しく、冬暖かい」暮らしと、永く住み継いでいける高い基本性能を実現します。素材と性能にこだわることで、世代を超えて永く愛される家を建築します。
素材・性能にもこだわります

4風土と地域にも気配りを忘れません

全ての場所には特有の風土があります。日本全国はもちろん、同じ関東圏、群馬県でも風土は場所によって異なります。住宅は風土によりそうようにつくることで、快適な住まいとなります。また、住宅は街の一部にもなります。だからこそ、その地域にふさわしく、いつまでも美しい外観を考えたい。その街の美観に参加し、地域の秩序に馴染むことで、心から気持ち良く暮らせる住まいとなると考えています。
風土と地域にも気配りを忘れません

5安心安全の自社設計・自社施工

地域密着型工務店として1棟1棟丁寧に、自社設計・自社施工をしています。設計から施工まで行うことはもちろん、永く住まう、住み継いでいける家であるようにアフターメンテナンスにも責任を持っています。さらには、家族のかたちや、住まい方の変化に伴うリフォーム工事なども行っています。リフォームやリノベーションによって手を加えながらその時を大切に過ごす住まいであることが大切です。お施主様の住まいを永く支えていける地域密着工務店でありたいと考えています。
安心安全の自社設計・自社施工