みなさんこんにちは!朝晩涼しいこのころ。8月に入りやっと夏掛け布団にしたけれど、あさ涼し過ぎて目が覚める毎日ですがみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

先日、久しぶりにとあるお客様の家を訪問しました。お元気にしてるかな?と思いふらっと立ち寄ったのですが、快く迎えて頂き、お互い近況報告などした中で、家の使い心地や過ごし方などを尋ねました。

こちらのお宅では縁側部増改築と家全体の断熱改修を行いました。施工から1年半ほど経ち、冬も夏も過ごしていただいたところで寒さ、暑、調湿による快適度などどのように感じたのかは施工会社として気になるところです。

冬は、北側の部屋が他に比べて少し寒くエアコンを設置するかどうか検討しているとのことでした。改修時の打ち合わせでとりあえずはエアコンなしで過ごし、必要を感じたらいつでも取り付けできるようにとエアコン用のコンセント設置や配管などしやすいようにしておきました。

なのでこの件についてはもう少し涼しくなってきてから具体的に考えることに。

そして次にこの夏の様子について、、、エアコンがないので夏は扇風機を使っているのかしら?と思って尋ねたところ扇風機は使わないどころか出してすらいないとのことでした。日中ご自宅にいらっしゃる方なのでさすがに真夏は暑かったのでは?と思ったのですが、素晴らしいことに弊社がお引渡しの際に説明した家の使い方を忠実に守っているとのことで、快適に過ごせているそうです!!

断熱材をしっかりと余すところなく吹き込み、窓も断熱性能が高いものを採用しているので熱の移動が少なくなります。なので弊社ではお客様に朝のうちは窓を開けて涼しい空気を取り込み、暑くなる前に窓を閉めて(熱い空気を家にいれない)お過ごしいただくように説明しています。また南側の縁側部分を広くとってあるので夏はリビングに直射日光が入らずそれもまた快適な空間に一躍買っているようです。

 

断熱材は調湿性能も高いセルロースファイバーを使っています。コストがかかるとよく言われるのですが、性能を活かして上手に暮らせば日々の生活でかかってくる光熱費がぐんと下がります。何十年もこの家を使うのですから、長い目で見れば大変お得な家だと思います。

 

快適に暮らしているとの声を直接伺うことができたので大変に嬉しく思いました。

 

さらに床材をちらっとチェック。無垢の杉を仕様した縁側はこの1年半ほどでやや黄味がかってきたようです。5年点検のころにはさらに色が落ち着き、なじみいい色になりそうです。無垢材のいいところは経年劣化ではなく経年変化を楽しめるところにあると思います。

 

と、いうことで、今回は床材!についてちょろっと、ご紹介!

弊社では主に杉、メープル、を使っています。柔らかめと堅めで好みや用途でお施主様と相談しながら決めます。

 

節なし きれい目な杉無垢:

028
 

節あり にぎやかな杉無垢: 5年くらい経つと色がキャラメル色になり節が目立たなくなります。

杉は柔らかいので傷がつきやすいですが、肌触りがよく、冬場は冷たさが感じにくいです。

2010年撮影(左) 2017年撮影(右)

6789 _MG_8079
 

タイルカーペット:バリアフリー向け、柔らかいので足元暖かで負担も少ないです。

DSC_8212
30㎝角のシートを一枚ずつ貼っているので汚れたりしたらその部分だけ張り替えることができるので

こども向けプレイルームなどにも適しています。

DSC03922
 

無垢の天然カラマツ:超高級。針葉樹の中では堅め。色の味わいがよい

「言葉では表現できない」BY社長

和風住宅 
 

 

無垢メープル:堅木。色が濃くないので違和感なくさ様々な色に合わせやすい。

022  anmaruoka9137
 

木質床材:突板フローリングお手入れが楽、擦り傷が付きにくいです。

DSC_8499
 

畳: 和室や小上がりに。最近では薄いタイプや、ビニールタイプもありますが弊社では天然!

037
 

用途や、好みで色や素材を工務店、設計士やコーディネーターと相談しながら上手に選んでください。

以上、床のいろいろでした!

有限会社 鞍城建設

〒378-0045
群馬県沼田市材木町1326-12

日・祝・第2,4土 定休
0120-39-1326
0278-22-2711
メールでのお問合せはこちらから


【前橋営業所】
前橋市三俣町1−19−9 office2.23内